新着Pick
476Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
外国人との向き合い方について、世界の日本への眼差しは年々厳しくなっています。廃案になった入管法改正案に対しも「国際法違反」であるとして、国連の特別報告者3人と国連人権理事会・恣意的拘禁作業部会が共同書簡を日本政府に送付し、国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)のウェブサイトでも公開されました。日本の行政は、世界からどう見られるかという視点が決定的に欠けています。技能実習の問題も以前から指摘されてきたことです。今回は、人身売買と闘う「ヒーロー(英雄)」の1人に指宿昭一弁護士を選ばれましたが、2013年には移住連代表理事の鳥井一平も選ばれています。人権をめぐって日本と世界では評価がまるで違うことを教えてくれます。
残念ながら、海外からの厳しい批判は、当たっています。規制強化後も、何も変わっていません。

議員時代に、こうした批判に応える形で、送り出し機関(海外)や監理団体(国内)の規制強化などの制度改正に携わり、これで改善していくはずと期待していました。

しかし、社会福祉法人で、介護職の技能実習生の方を採用する職務に携わり、現地に面接に行く、日本の監理団体とやり取りをする、などを通じて、技能実習制度というものの実態を知り、驚愕し、失望し、遠く祖国を離れて日本にきてくれる多くの方々に、本当に申し訳ないと思いました。

技能実習の対象に新たに加えられた介護の仕事は、実習生が、実際に施設で入所者の方や他のスタッフと深い関わりを持ちながら仕事をしますので、雇う側も、きちんと実習生を大事に育てながら、気持ちよく働いてもらえるようにしよう、という事業者が多いと思います。

一方で、工場で、基本、人と関わることなく、言葉を学ぶこともなく、単純労働の便利な要員として、使われるだけの実習生も大勢います。

そして、現地の送り出し機関と国内の監理団体は、依然として、基本的に従来の考えのままです。詳細は申し上げませんが、現地の送り出し機関が、多額の料金を日本の雇用予定先から受け取りながら、実際は現地で行うことになっている研修をほぼ1年間何も行っていなかった、とか、実習生たちの寝室を24時間カメラで監視している、とか、日本の監理団体も、「日本語N3を必ず取得させます」、「うちの紹介した子は、介護福祉士に必ず合格します」と宣伝して客を集めるとか、「通常の日本の法律や契約の常識」では考えられない、ビックリなことが横行していました。

そして残念ながら、書類上、きちんと整えられてしまえば、たとえ不正があっても、厚生労働省は、手出しができません。

少なくとも、自分が面接に行き、来日してくれた実習生の皆さんとは、将来的に祖国に戻って活かせるスキルを身に付けてもらい、誕生日をお祝いしたり、一緒にお花見に行ったり、日本に来てよかった、と思ってもらえるよう尽くしたいと思っていますが、技能実習制度の大きな歪みは直せませんし、今も悲しい思いで働かされているであろう多くの方々を、私は救えません。
現代の奴隷制度に他ならない。ってずっと言ってましたが国内では無視でしたね。
数年前から、Japan Times では「slave」という表現が頻繁に使われており、過酷な実態も大々的に報じられていました。

日本の新聞が全く報じないのに、大きな違和感を抱いていました。

私たちの身近で、ウイグル問題と同じことが行われているのです。
これを機に、「実習生」などというタテマエを捨てて「労働者」として保護すべきでしょう。

ところで、米国も不法移民が低賃金で働かないと経済が回らないと言われていましたが、その問題はどうなったのでしょう?
国の恥です。
こうした実習生に関するニュースを見るにつけ、外国人の方々をあまりに自分たちに都合良く捉えているという印象が拭えません。発想が古代ギリシアのポリス市民のそれと変わらないんじゃないでしょうか。
20年後、30年後、彼の国々がより成長してきた時に、果たして実習生経験者は日本での「実習」を良き思い出として振り返るでしょうか。
結局、日本は自浄作用がなく、アメリカに叱られて改める、という情けない成り行きしかないのか。
ユニクロ問題もですが、安いということの意味を消費者として国民全員が学ぶ必要がある。

私はデフレが全部悪いと考えているので、それを一貫して政策組めば、デフレ解決はそんなに難しい問題ではない。価格上げるって話なので、批判は多いでしょうが、ただ愚直に全員がやるだけ。
価格下げる努力でなく、付加価値生む努力しか認めないという風潮になることを望みます。

そうすると、安い労働力に頼るって、発想も必要なくなる。
実際に本当にひどいと思いますね。
この問題を放置しつづけていることは日本の汚点です。

なので、せめて自分の関与先で働いてくれている外国人やトライアスロン仲間、地元コミュニティの外国人には日本を好きになってくれるよう、そして、自国に戻ったときに「日本はいいぜ!是非行くべきだよ!!」と周りに進言してもらえるよう全力でもてなしています♪
この制度は本当に恥ずかしい。技能実習とは名ばかりの外国人出稼ぎ労働者派遣制度、というかもはや国のお墨付きの奴隷制度。

斡旋するブローカー、安い労働力として使うことしか考えてない雇用者、そしてこれらを確信犯的に野放しにしている国。

そもそも、このような奴隷的な雇用ででしか労働力を確保できないような事業者は申し訳ないけど淘汰されて然るべき。

人権に観点から明らかに政官財挙げての一種の犯罪的制度であるだけでなく、官製デフレの最たるものの一つという意味でも問題があり過ぎる。

このような外圧でなんとか変わってくれれば、と思ってしまう自分も情けないが、米国には厳しく日本政府を糾弾して欲しい。
指摘は受け止めて日本は是正してほしい。その辺の人身売買と同列に語られてしまう制度を国が維持してるのはとても恥ずかしい。
アメリカにも近年、前政権含めて不法移民を是正しようとしてきたところはあるので自浄作用はあるのかもしれないが、まだまだ不法移民は多いはず。(1ヶ月に10万人以上押し寄せるのね…