新着Pick
109Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
世代によっては「モーレツ」って単語がすでに伝わならいかもね🤔
営業。

29歳でシンクタンクに転職した際に人生で初めてその結果を求められ(それまではエンジニア)、死を意識するくらいボコボコにされましたが、おもしろいとか割と得意と思えるまで15年かかりました。

当時の周囲も自分自身も見ていて思うのですが、プロセスで劇的に改善するならそんなに苦労していませんし、必要なマインドセットやスキルもあります。どれも本を読んだり人の話を聞いて身につくものではなく、自分自身の実体験で学ぶものだと思います。

そういう意味ではそのスキルなりを身につけた人は啓蒙したり営業同行をつけることが組織人として最低限求められると思います。

なお、私は営業部に所属したことがなく、シンクタンクでも外資系メーカーでもプロジェクトをやりながらの営業だったので出口は営業部長というより事業開発部長とかをイメージしながら活動していました。とはいえマネージャータイプではないので今でも非公式にはビジネスプロデューサーというソニー時代のタイトルを使っています。
これは日本に限った話でもない気がする。外資ITのトップセールスは色んな企業渡り歩いて、同じお客様に色んな製品を売っていく。。。
組織階層は組織内のコミュニケーションが自分の上司または部下を通して段階的に行われるのか、職位や部署に関係なく直接行われるかで異なる。既成概念を改め後者のような時代に即した考えが浸透することを望みます
逆に、キーエンスがすごいのは「準トップセールス」を、データにより再現性を持たせているからこそ。そしてデータ入力自体にインセンティブを作り、gabage in gabage outを回避していること