新着Pick
269Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ロビンフッドの上場については、一時期はコストが安い直接上場も噂されていましたが、結局引受会社を指名しましたね。規制当局との議論の中で、直接上場は投資家保護の観点で問題があるとされたのか、直接上場では出来ない新株発行が必要だったのか…
もし当局との議論が背景にあるとすれば、SPAC、直接上場と、米国の柔軟な規制に基づく異様に活発な新規上場の流れが変わる予兆かもしれません。
まだロビンフッドのビジネスモデル「PFOF」が理解されているとは言い難いようですね。信用手数料などはごく一部。基本的には投資家の注文データをマーケットメイカーに先回りして売り飛ばします。
それにしても売上の75%がPFOFとは。凄い比率。

"注文回送の仕組みは「ペイメント・フォー・オーダーフロー(PFOF)」と呼ばれている。"

日経新聞によれば
・上場時の時価総額は400億ドルを超える
・マーケットメーカーから得たリベートは売り上げ全体の75%を占めた。
米ロビンフッドが上場目論見書 1~3月売上高は4倍に:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN03E9J0T00C21A6000000/
ロビンフッドのIPOは、金融の既存の秩序を変えていく勢力の台頭を象徴する大きな出来事になると受け止めています。

純収入の2.8億ドルから9.6億ドルへの急増と、純損益の黒字転換も、ロビンフッドのビジネスモデルの持続可能性と、金融システムの構造変化の不可逆性を示唆していると考えるべきでしょう。

この流れの中で、新しい価値観を持った金融プレーヤーの登場と躍進が続き、ユーザーの目線を重視した新しい金融文化が浸透することに期待したい。
黒字化しているとは思ってもいませんでした。これは期待できそうですね。かなり熱くなりそうです。

株式市場を手数料無料で破壊しながらよく黒字化できたものです。オプションや信用取引での収入が多いのでしょうが、投資家保護の観点を忘れてはなりません。
ロビンフッドはIPOでユーザーに株式売却を健闘しているというニュースも出ていましたが、今回のIPOで何かサプライズがあるか楽しみです。

ロビンフッド、IPOでユーザーに株式売却を検討-関係者(Bloomberg/2021年01月08日)
https://newspicks.com/news/5520911

【追記】日経新聞に詳しい記事が出てきました
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN03E9J0T00C21A6000000/
株式取引アプリ運営の米ロビンフッドがIPO申請の届け出。これらの書類から財務上の様々な数値が明らかになっているようです

申請書はこちら(であってる?)
https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/0001783879/000162828021013318/robinhoods-1.htm
RobinhoodのIPOで注目は放出される株式の35%を個人投資家向けに確保している点。これまでは、購入ロット大きく分析的に株式保有し長期保有も流動性も期待出来る機関投資家に対し、小口分散で足の早い投機的で不勉強な個人投資家はノイズとしてしかみなされなかった。

Robinhoodにとっては効率的な顧客獲得マーケティングだが、投資家とユーザー、という2つのステークホルダーが溶け合う現象にも見える。株価を支えるのは収入を生んでくれる顧客なのに、株価上昇のメリットを受けるのは投資家。このミスアラインメントの矯正にも見える。

Robinhoodに続いて、Sofiもこの方式を採用予定。IPOでも個人投資家への割当が多く、株主優待なども進んだ日本はこの点に関してはむしろ先を行っている感もある。コミュニティマーケティングが投資と混ざり合う世界。
手数料ゼロの投資アプリで投資初心者に人気。ゲームストップなど不自然に株価を乱高下させる投資家はロビンフッダーと呼ばれました。
IPOにしては珍しく(?)既に黒字なのですね。ビジネスモデルの肝であるPFOFは売買注文データを機関投資家に販売します。これが売上の75%のを占めるとか。。。ある種インサイダー?かと思いますが、証券取引所が十数個もある米国においては最良執行を円滑にするには必要で、ほぼ東証一択の日本ではロビンフッドは入る余地が無い気がします。
米国株ブームの化身。
Q1で、売上5億ドル!
前年同期比4倍!
凄いと思いましたが、FUTUと同じくらいの増収率。

このままいけば、売上年間20億ドル超えそう。
米国のチャールズシュワブ超えですかね。
日本でいうと、SBI証券(トレーディング除く)と楽天証券とマネックス証券を足したぐらいの規模感。