新着Pick
52Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ワークマンの土屋専務によれば、中期計画は「1年目は社長が旗を振って一生懸命だけど、2年目は秋風が吹き、3年目は言葉に出すのもおぞましい」とか。計画も大事とは思いますが、検証もしてほしいと感じます(日経のお正月に出る今年の株価予測とか、為替予測もそうだけど)。
食品SPAをベースに日米コンビニを伸ばし、あわせて脱カーボン対応やDXの種まきをするのが基本線かと。
 気になるのはアリオと百貨店。とくに百貨店については、子会社の統合を9月に行うことが表明され、また、事業ポートフォリオ運用指針のなかで低採算事業の切り出しを示唆していますので、西武百貨店は西武グループに戻るかもしれないと思います(そごうはどうするのかなあ)。ここから大きなリターンを期待できないかもしれませんが、管理コストも含めて考えると早くすっきりさせたほうがいいと思います。
日本のオモテナシ・パワーが米国で爆発。
米国コンビニが収穫期になったってのはよく分かります。ある程度、計算が立つところでしょう。ポイントは、次の種は何って事かと。新業態でも、新地域でもいいけど、次の種は今のところ無しか?
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
4.60 兆円

業績