新着Pick
331Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
『Yコンビネーター』にも「誰もやってない事業ではなく、多くの小さな競争が始めているけれどまだ勝者が決まっていない事業を選べ」「創業者が1人のスタートアップには基本的に出資しない」という話が出てきますが、亀山さんの話とシンクロするように思いました。

学者の端くれとして言えば立派かどうかはともかく「正しいこと」を本人も周りも求めてしまいがちです。でも「正しいこと」と「役に立つこと」って結構違う場合が多いです。
茂木さんが質問ばかりするから、「茂木っちの部屋」になりました(笑)。
茂木さんの講演を聴いたことがありますが、難しい脳科学を面白くわかりやすいトーク力、素晴らしかったです。バランス良く笑いもあり、恐らく笑いが入るのも脳科学的に計算されているのかもしれません。

さらに、「専門分野ではないことに判断する」というアプローチ、とても共感します。自分よりその道のプロがいかに組織にいるかが、とても重要。全ての分野に精通することは無理な話であり、いかに判断していくかですよね。駆け出しの頃、会社の研修で、「判断力をいかに身につけるか」があり、当時はあまりピンと来ませんでしたが、今になり判断力の大切さを痛感します。
今回から音声版が、プチリニューアルしました。DJ Nobbyさんの編集が冴えていますので、ぜひお聴きいただけると嬉しいです。茂木さんの「多動力」っぷりも、音声だとよく伝わってくると思います笑
言葉は失礼かもしれないが、割り切りが凄いと思う。
自分の価値観と、事業性を切り離して考えて、そこに乖離があるときに「やってみないと見えない世界がある」と考えて動けること。人間観も理想的だけどそうではないよねぇといった言葉。
大体の人は、経験を通して判断精度を上げるが、それはバイアスも伴う大局観による判断。亀山さんは、割り切れることが判断につながり、そこで判断を大量に行うから判断力につながっているのではないかと感じた。割り切って価値観と切り離しているから、判断が間違っても次のチャレンジに引きずらない。
普通は大局観・価値観と判断がかなり重なるから、失敗すると自己否定につながりもっと凹んだり、また判断をすることが怖かったり、それゆえに判断力のメタ的な場数も上げられない。
まなび は全て まねる から来ているので「まねぶ」というほうが正しい
みたいな話をどこかで誰かが言っていた記憶があるのですが(誰だったかな…ド忘れましたが)、そういうことなのだとおもいます。もちろん知的財産権などを侵害しない範囲での話ですが。
この連載について
NewsPicks人気連載が音声番組として復活。DMM.com亀山敬司会長がホスト役となり、毎回、経営者や文化人を招待。脱力系ながらも本質を突く議論から、新しいビジネスやキャリアの形について考えていく。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン