新着Pick
406Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
半分以上のキャッシュフローを米国から生み出すという目標は、成長柱をどこにおくかが明確なので社内の意思統一には最適。ただ日本では老若男女に愛用され、店舗数による存在感が絶大なコンビニ事業も海外では印象が少し異なる。まずガソリンスタンドに隣り合わせた店舗が多く、綺麗ではない実態や比較的ジャンクな食べ物のラインアップによって平均より少し裕福な層になるとあまり訪れない。

スピードウェイを買収したので日本のノウハウを持ち込んであとは海外の経営陣に任せようという姿勢だと苦しくなるだろう。そもそも人間としての基本的な生活スタイルの違いから生まれるニーズのどの部分をコンビニで捉えるかが重要になってくると考える。

日本人はスーパーに2-3日に一回訪れ、食材を買う。コンビニもランチタイム前後は混雑する店舗が都内は多い。アメリカ人は週末にピックアップトラックやSUVでウォールマートやコストコに乗り込んで一括買いをする。下手したら何週間分の食材を買い込み、同じものを消費。地域性や人口の密集度もおおいに異なる。

店舗基準の底上げで日販を多少なりとも上昇させることはできるものの、恐らく違う業態としての存在感を発揮する必要が出てくるだろう。常に先見の明を持ち、じっくりゆっくり進めるセブンの方々の多くが米国で暮らし試行錯誤することによって新たな日本発のグローバルカンパニーの誕生を心待ちにしたい。
国内は市場が成熟しているので伸びない、から海外だ、ということでしょうか。「それはお客様が本当に欲しいサービスを提供できていないからだ」と鈴木さんならいいそうな気がしますが…
延期されていたセブンの中期経営計画が発表されました。

数値目標が、売上高や営業利益で示されなかったために、これまでとの比較が難しくスケール感がわかりにくいのですが、なかなか強気な目標という印象を持ちました。

海外シフトが鮮明になっており、国内のコンビニが実験場のような役割をこなしつつ、次の成長を探る期間という位置付けになっています。

オンラインへの重点の置き方もセブンペイの会見の時のような低めの解像度ではない印象もあり、組織として、変わってきたような印象を持った会見となりました。

やると決めた後のキャッチアップが早い企業なので、どうなっていくのか、注目していきたいと思います。
セブンの海外事業、個人的にはものすごいポテンシャルがあると思っている。会社としても、昨日発表した中期経営計画で海外を押し出している。スライド18が端的で営業CFについて2019年度は北米3割だったものを、2025年には5割にする計画。
そしてSpeedway買収時の資料のスライド7が端的だと思い、Speedwayと併せても全米のコンビニチェーンのシェアの10%にも至っていない。日本に比べて国土面積が大きいといった違いはあれど、配送網・システムの投資規模や効率化というのは効く業態だと思う。国内セブン事業は毎年2500億円前後の営業利益で営業利益率も25%前後(ほぼ国内のローソンはコロナ前で10%ほど)。
投資余力があり、すでにトップシェアだが分散型業界で開拓余地がものすごく大きく、シェアが上がると効率が上がる構造がある。EC化はあっても移動しなくなるわけではなくロードサイドの利便性は消えるわけではないし、ジワジワシェアを上げられる良い再投資構造があると思う。

中期経営計画:https://www.7andi.com/ir/file/library/ks/pdf/2021_07ks_01.pdf
買収資料:https://www.7andi.com/ir/file/library/ks/pdf/2021_07ks_02.pdf
私のいるフィリピンのセブ島にもセブンイレブンができています。凄いのはあっと言う間にたくさんのセブンイレブンが作られ、すぐにネットワークができてしまったことです。
世界各地にセブンイレブンができていますが、日本のようにドミナント戦略をとっています。
売っているものは生活に必要な物を中心ですが、国によって売っているものは違います。
先進国に近いほど日本の形態に近い気がします。
フィリピンは日持ちのするスナックが中心です。流通が日本のように整っていないので配送回数が違うのではないでしょうか。
セブンイレブンはまだまだアジアで伸びていくと思います。
海外で最も成功した日本のビジネスモデルの一つです。
海外の中でも北米市場は魅力的です。日本のきめ細かな商品開発とデータの活用、そして米国で進んでいるキャッシャーレス店舗技術を組み合わせれば、面白い展開ができそうですね。
PBなど国内コンビニの成功モデルを海外コンビニ事業に持っていくと。逆タイムマシン経営。
昨日別の記事でコメントした通りですね。

【再掲】
やはり、セブン&アイの成長ドライバーは北米のコンビニ事業に掛かっていると言っても良いでしょう。あとは国内の百貨店やGMSをどこまで整理できるか。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
4.60 兆円

業績