新着Pick
503Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ジュンイチロとの打ち合わせで、初め彼は、いつも、僕の正解を当てにきてた。

マンガは、作者が自分の正解を探すもの。考えるのを手伝いはするけど、答えは僕からは渡せない。

そんなやりとりが、こんな風にマンガに昇華されてくる。

これが編集という仕事の面白さ。少し内輪なコメントになってしまうけど、作家の成長を感じて嬉しくなった1話。
漫画も面白いのですが、携帯各社の解約率が1%未満だったのが衝撃でした。3社もいて番号持ち運び制度ができて15年もたつのに解約手数料や手間などで競争の原理が殆ど働いていない証だと思います。価格が下がらない訳です。

タイも3社ありますが手数料ゼロでお店でサクッと変えられ、1年毎にプロモーションの度に乗り換える人もいるぐらいで、お陰で月2000円で50GBとか使えて良いです。解約率は少なくとも2、3割は行っているのではないでしょうか。
差別化戦略。それは、、
“サービスですっ!!”

ちーん。(決算書見る意味あったんかいな笑)
(はっ!!、これは漫画やったっ!!笑)

ちなみに、私も3社分調べて見ましたが、
docomoとKDDIの差別化のポイントは全く分からず。
通信は談合、それ以外は両者とも楽天の猿真似戦略。
車のとめ方が半沢.
サービスが伸びていると言っても、本業のデータ、通話と比較すると雀の涙程度ですからねぇ。その辺りが次の展開?
かんどうてき
この連載について
スタートアップ(新規事業)を志す主人公の山川りんごが「数字=決算書」を理解することの大切さを体得していく物語。現役の某GAFAセールスリーダーである異色の新人マンガ家・水野ジュンイチロ氏が、ビジネスの核心を描く。