新着Pick
108Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
高齢者中心にここまでワクチン接種が進んできているのに、ワクチン接種進捗前と同じ基準でステージ判断するのに違和感があります。
極論、ワクチン打ってもこういう政策態度を進めるなら、苦労してワクチン接種しなくて良いではないかと脱力します。他の方もご指摘のようにワクチンにより医療体制のひっ迫が緩和されるはずという論点はあったはずですが、わざと見ないようにしているのか、それとも本当に知らないでやっているのか。いずれにせよ杜撰ですね。
新規感染者数だけでステージ4を語るのは完全にミスリード。ワクチンを打った効果が現れるのは医療体制の方でしょう。そこはまだステージ3相当。そもそもワクチンが拡がっていくとこれまでとは数字の傾向が変わるはずなので、同じKPIで評価すること自体がナンセンス。
1日2000人として人口100万人あたり143人、1日1000人なら72人にとどまります。ニューヨーク州のクオモ知事が州内の飲食店や小売店などに課してきた収容人数制限を19日から撤廃すると発表した5月3日時点で125人でしたから、それとさして変わらぬ人数です。当時の米国のワクチン接種率が46%に達していたのに対し、今の我が国は23%ですから同じに見る積りは無いですが、それにしても彼我の対応の違いは大きそう。
陽性者も死者も圧倒的に少なかった昨年の我が国のGDPが米国以上に落ち込んで、今年以降の回復も圧倒的に遅れる理由が分かるような気がします。GDPは政府と国民が分けて使える所得そのものであるだけに、何が何でもワクチン接種を急ぎ医療体制を整えて活動を維持する気迫を見せず、活動を停止して国と国民を貧しくすることのみに積極的な行き方が気掛かりです。30年に及ぶ日本の停滞の裏面を見せつけられているような・・・  (・・;
東京五輪まであと3週間あまり。このタイミングでの感染拡大傾向はやはり気がかり
デルタ株の影響は大きそうで、「「最も楽観的なシナリオ」でも、7月中に1日の感染者数が1000人を超え、その後2000人程度まで増加する可能性がある」とのこと。
間違いなく言えることは、東京の緊急事態宣言が終わりしかるべきリードタイムをおいて(感染して症状が出るまで)、明らかに感染が拡大していること。タガが緩むと時間をおいてそうなることは何度も学んでいる。懲りない人が多すぎる。

更に今回は数か月前と違うのは、感染力が強いデルタ株が確実に拡大していること。これも他国の例を見れば明らか。

それらが分かり切っているのに感染拡大の道に進んでいること。これから5万人以上とも言われるオリパラ関係者が入国してくる。水際対策に完全はないのは明らか。ステージ3か4かの問題ではなく、このまま行ったらすぐ相当ひどいことになることは間違いない。毎度の後手後手にならないように先手を打ってもらいたい。一部の国民のルーズさには目を疑うほどで、この状態は何とか変えたいものです。

オリパラ前から、すべての入国者が繁華街などに出歩かないよう行動制御をした方がいいし、その期間は人が集まる店舗、特にマスクを外す(飲食)店舗は休業にした方がよい。もちろん休業補償をした上で。

それを乗り越えられれば、ワクチンによる抗体の浸透によって、秋以降沈静化の道に進む確率が高まる。この夏最悪の事態をどのように回避するのかが終息の道の分水嶺と感じる。もう数か月の辛抱のはず。それができない国民ではないはず。
多くの方が書かれているように、ワクチン接種の進行によってステージ基準は変えるべきだと思います。
と同時に変異株の変化によってステージ基準を変えるべきだと思います。

二つの変数の変化をシュミレーション専門の方に行っていただき、それを基準にステージングを都度仕切り直していくというのが良いのでは。言うはやすしで大変な作業だと思いますが、理解を得るためにも必要な事。

なお体感ではデルタ株に置き換わると若年の重症者が増え、若年はワクチン接種率が低いので、今までの波よりも大変な事になるのかなと思います。
90歳代の重症者と20歳代の重症者の場合、後者の方が医療者も諦めないですし。
感染研のシミュレーションにワクチン接種の進捗と共に下がっていくはずの実効再​生産数(1人の感染者が平均して何人に感染させるか)が、織り込まれていないのではと勘繰ります。
でも医療が逼迫している状況ではないのでは?感染者数がステージ4ということですよね。タイトルでミスリードしてないでしょうか。