新着Pick
608Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
光害への懸念が解消されぬまま突っ走ることに強い懸念を拭えない。

1年ほど前、世界各地で2等もの明るさになる衛星が観測され懸念の声が上がった。SpaceXは衛星が一般的に肉眼で見えないようにすると約束した。

SpaceXは衛星に「日除け」を付けるとともに、ソフトウェアアップデートによる対策を施した。しかし、衛星の明るさはだいぶ改善したものの、3〜4割の衛星はまだ肉眼で見える。
https://skyandtelescope.org/astronomy-news/starlink-satellites-fainter-but-still-visible/

さらなる対策をとっているとも聞かず、SpaceXはまるで1年前の約束を忘れたようにハイペースの打ち上げを続けた。

IAUは国連へ提訴。根拠は1967年の宇宙条約だけど、当時はまさか民間企業がメガコンステレーションをやるとは考えられていなかったので、正直筋が悪い。
https://www.space.com/astronomers-night-sky-protection-starlink-megaconstellations

一方、アメリカ国内でもNEPA(National Environmental Policy Act)違反の可能性が指摘され、裁判所に提訴された模様。でもNEPAが宇宙空間にも適用されるのか、もちろん判例はなくどうなるかわからない。
https://www.scientificamerican.com/article/spacex-starlink-mega-constellation-faces-fresh-legal-challenge/

つまりメガコンステレーションに有効な規制がない状態ない野放し状態。規制がないときにチッソが水俣湾に水銀を垂れ流していたのと同じ状況。SpaceXとしては規制ができる前にやったもん勝ちということなのでしょう。

僕は、地球の僻地からすらも星空を奪ってまで地球の僻地にブロードバンドを届けることが、人類全体の利益になっているとはどうしても思えません。

星空は人類の共通財産。一企業が勝手に奪っていいものではない。

こちらも参照:
https://note.com/pequod_crews/n/ne45de70291b1
新興国を旅すると、ブロードバンドが実質的に来ていない地域がまだまだあるので、一般向け衛星通信でスケールできるならニーズはある。

20年以上前に初代イリジウムが出た時にワクワク&ガッカリした伏線が、こんなところでマスクによって回収されることになるとは。アイデアを思い付くより形にする方が大変だし、スケールさせて事業として軌道に乗せる方が更に大変。まだ軌道に乗るかどうか怪しいけど、見守りたい。
使ってみたい!
物理的なサービスを提供できる環境があっても、各国のライセンスがなければサービスを提供することはできない。そのためには各国の通信業者との連携が必要なのだが、すでに光ファイバーが普及しているところでは優位性を発揮できない。どうビジネスを展開するのか注目していきたい。
新興国でのネット接続問題をスターリンクが一気に解決する可能性があります。思っているより速いペースで商用化が進みそうですね。既存の通信キャリアは全く新しいプレイヤーの出現にどう対応していくのか注目しています。
やり切るスピードが凄いですね。
業務用途を除けば、大多数の人にとって、スターリンクと比較して何のイノベーションも無いと評されそうな、地上のネット環境がベストな選択になると思います。

スターリンクは、月額99ドル + 接続機器セット499ドルの費用がかかる。
称賛される一方で、日本でスターリンクが本当に必要な人はどれくらい存在するのか。
日本のMNOは料金が高いとの批判が多い。個人を対象とするには、大幅な値下げと小型化が必要でしょう。
IoTがどうとか書いてる人いるけど、各端末にパラボラアンテナ必要だよね。

アレイアンテナでした。UFO on a stick
https://www.tesmanian.com/blogs/tesmanian-blog/ufo-starlink-terminal
こんなにすぐに来るとは!

初期の顧客はネット環境の悪い郊外となるはずですが、光回線よりも宇宙空間の真空のほうが抵抗が少ないのでラグは減りそのうち主流になるはずです。そうするとZoomなどでも時差がなくなりさらにスムーズに会話ができるようになるはずです。楽しみです。
日本はどうなるんだろうとか価格はどうなんだとか興味が尽きません。提供可能でもビジネスとして成り立つのかは別問題だと思うので推移を追いたいと思います。
MWCにイーロン・マスクが登壇する時代。モバイルオペレーターが長い年月をかけて少しずつOTTレイヤにビジネスを拡げる中、イーロン・マスクはまったく違う業界から違う角度でブロードバンドに参入