新着Pick
213Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
中関村に住んでいる人として、いつも耳にするのは、100万元以上の収入ですが、
数年、もう一生の給料を得ていたので、三十そこそこ隠退して田舎に帰り、農民になる人が出ています。
あるいは投資して数年のうちに無一文になるとか、
よく聞きます。
人気 Picker
中国企業で働く知人は、成果の評価は3カ月に1度だと話していました。
「企業価値観の理解」「業績」の2軸で評価というマトリクスは参考になりますね。
短いスパンでの評価は、明確な評価制度とスコアリング方法がないと難しいでしょう。
とても共産主義の国とは思えない強烈な制度。
"テンセントだけでなく、多くの中国テック企業が採用しているのが「淘汰制度」だ。最低でも年に1回、通常は数回の人事評価を行い、成績不良者は強制解雇となる。その割合は毎年5%から10%にものぼる。"
それがいいかどうかは別にして、これってスタックランキングですよね。昔は米国有名企業が結構採用していましたが、最近は廃止する動きに。ただ、ある企業はスタックランキングを行っているとつい最近名指しされました。

Amazonは成績下位6%を解雇する「後悔のない人員削減」を行っている
https://gigazine.net/news/20210622-amazon-pressures-office-workers/


コロナ直前に話をした中国人AIエンジニアは、どこまで一般的かわかりませんが「1年に1回くらいのペースで転職するのが今の中国のトレンドだ」と言っていました。確かに、去年就職した卒業生は最近転職したとの連絡が来てました。
平均なので、中央値はもっと低いはずかと。I.e. 「守衛さん」≠1,400万円
Ps. Alibabaを超えるかもしれないPinduoduoが凄い
上昇していると言えども中国の物価も踏まえると、平均1400万円は実質的な豊かさはかなり高い。記事でも指摘しているように、あくまで単純な平均値で分布が重要なポイントではありますが。
日本ではそう簡単にクビにならないので、その点も含めて、日本人の感覚からすると厳しいのかもしれない
ーー
「淘汰制度」だ。最低でも年に1回、通常は数回の人事評価を行い、成績不良者は強制解雇となる。その割合は毎年5%から10%にものぼる。
5%ぐらいクビにする制度は日本でも導入できたらいいですね。ミスマッチを防ぐために。
平均年収は上と下に引っ張られるので中央値を見た方がよいと思います。
いずれにしても評価されればかなり稼げるということでしょう。
信賞必罰が当たり前で、これまでの日本企業が異常なんです。

今日も一日頑張っていきましょう。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン