新着Pick
102Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
東京はまもなく老人の街になります。この急速な高齢化にインフラが追いつかないという深刻な問題があります。還暦すぎた私のような都民は、かなり心配な状況です。一方、日本中の若者を引き寄せ、そして生きにくさから「非婚化」を加速させています。「東京ブラックホール」と呼ばれる現象です。東京プロブレムは、日本全体の問題なのですが、都議選の論点としては盛り上がらず残念です。
世論調査によると、前回よりも都議選への関心が落ちているようです。前回は「小池旋風」が吹き荒れたのですが、今回はそうしたドラマ性、エンタメ性に乏しい選挙になっているのは確か。本来、選挙はこの記事にあるような課題を踏まえて政策で吟味することが望ましいですが、いろいろと勉強してみても、ではどういう一票を投じたら理想に近づくのかというイメージがつきにくいのが実情です。そういう意味では、盛り上がる仕掛けを打つことはやはり必要なのだと思います。

しかし、政治に刺激ばかり求めていても、ものごとは改善しません。毎回じっくり考えて投票をし、その後の都政にも関心を持つ。そしてうまくいかなければ、なぜうまくいかないのかを考え、また投票する。その繰り返しが行われていることがすべての大前提です。自分の一票そのものは、たくさんいる有権者のうちの一票にすぎませんが、そうした真剣な思いが積み重なって政治は成り立っていて、投票率が高い方が政治家は緊張感を持つようになります。民主主義は面倒なプロセスですが、みんなが関心を持つことで、必ず改善につながるのだと、私は信じています。
東京が老人の街になる前に、地方都市が維持できなくなると思います。
そして、還暦を過ぎた世代は逃げ切れる世代かと。
これを解消するためには、道州制規模でのコンパクトシティ化等でのインフラの集約が必要だと思うのです。
堺屋太一氏が唱えた道州制の論には個人的に強く影響されましたし、その一里塚であった大阪都構想に期待しました。
ですが、その住民投票が毎日新聞の誤った報道により否決されたのは、記憶に新しいかと。
https://newspicks.com/news/5346553
https://newspicks.com/news/5385407
首都とはいえ一自治体で解決できる問題ではないのかなと思います。
解決しようとすると、逃げ切り世代に抵抗されますし。
コメントへのコメントで良くないと思いつつも、あまりにも他人事だったので、つい。

追記
「東京ブラックホール」については、牛さんが解説してくれていました。
数字でこのように示されると、とても参考になる。都議選がきっかけだと思うが、そうでなくても私は東京都民なので、時々定点観測しておくと良いと感じた。
改めてこれだけ高齢化の事実を数字で見るとゾッとする。それなりのやり方はあると思うが、頭の固い高齢者が有権者として大きな声を持ち、そこに忖度する政治になることに。まさにコロナ対応がそれ。
コロナ自粛要請の負のインパクトとして認識して欲しい。コロナ対策は医療キャパと経済の均衡点を探ることのはず

> 2020年の7月〜9月には、前年同期比で約60%増(約11万人増)となる約29万人が完全失業者となっていた。うち男性は5万人(前年同期比45.0%増)、女性は6万人(同84.5%増)と、特に女性の失業が目立っている。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン