新着Pick
114Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
合意に至ってよかった。が、FTCの一部委員の反対(①)後に、買収手続き完了前に売却合意していたという発表(②)をした文脈やコミュニケーション手法は微妙だと思い、また政治的要素が強いよなぁと感じる。

②のコメントのほぼ再掲になるが、セブンが買収手続き完了を発表したのは5月15日(日本時間)。一方、現地時間14日にFTCの民主党系委員2名が反対声明を発表。この買収合意は買収審査のなかでFTCに伝わっていたのかが気になる。伝わっていたうえでの反対発表であれば、懸念は解消されない。
なお、売却店舗の地域について(それらの地域の全店舗を売却するわけではない)は、北東部やカリフォルニアなど民主党地盤の州、そしてフロリダはSwing State。中西部やユタなど共和党州も含まれるが、全般には民主党州が多いのは気のせいか…

開示の仕方、当局・投資家とのコミュニケーションについては微妙だと思う。
まず売却合意をしていたのに後出しじゃんけん的な感じが見える。健全・誠実な関係に、タイムリーな開示は重要だし、それをしていないと泥を塗られた感は出てくる。また、投資家に対しても売却合意していれば開示をしているべきだったのではないかと思う。セブン既存約9000店舗でSpeedway買収で約4000店舗、合計1万3000店舗に対して、300店舗なので2.3%ではあるものの、FTCと合意できるかという点では大きい論点にもなりうる。
少なくとも、本件のリリースについても米国セブンにあるが、日本のHDなどではプレス・適時開示なく(900の市場開始時現在)。大規模な案件で論点として出ていたので適時に開示してほしい。

3月15日:Anabi Oilに中西部・北東部・フロリダ・ユタのセブン・Speedway合計124店舗
3月17日:Jacksons Food Storeにカリフォルニア・アリゾナ・ネバダのSpeedway63店舗
4月28日:Cross America PartnersにMid Atlantic(大西洋岸の北東部)と北東部のセブン・Speedway合計106店舗

https://newspicks.com/news/5849249
https://newspicks.com/news/5862495
セブン&アイ・ホールディングスが、米コンビニ運営会社スピードウェイの買収手続きが完了したと発表した後、FTCから「競争法上の懸念があり、買収は違法だと考える」との声明が発表されていましたが、このたびFTCがセブンの買収に合意したとのこと。
【米セブン─イレブン、自社コンビニとスピードウェイ計293店売却へ】
https://newspicks.com/news/5862495
【セブン&アイ買収に「違法」主張 米FTC一部委員、子会社は反発】
https://newspicks.com/news/5849249
セブンは無駄な対応させられたなぁ。
これがダメならGoogleやAmazonもダメだろって思う。

>293店舗を売却することで合意したと発表した。独占禁止法(反トラスト法)違反への懸念を解消し、買収が承認されることになりそうだ。
寝耳に水のご対応、お疲れ様でした。
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
4.60 兆円

業績