新着Pick
839Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
台湾と中国について、トップジャーナリストであり、ニューズピックスの元特約記者でもある野嶋さんによる解説記事。なぜ巨大な国になった中国が、ここまで台湾に固執するのか「日本人の常識で考えてはいけない」という指摘にハッとさせられます。ぜひご一読を。
人気 Picker
毛沢東は武力で中国大陸の主になりましたが、残った敵が台湾に逃れました。画竜点睛を欠いてしまったといえます。習近平主席が竜の眼を描き入れることで、創業の完成者たることができます。
 台湾に逃れた蒋介石の中国国民党は、1950年代から大陸反攻を呼号してきました。台湾は、明朝末の鄭成功の時代から、中国王朝に反抗する者たちの拠り所でした。中国共産党にとっても、目の上のたんこぶといえます。
 もっとも、今となっては中国と台湾では軍事力も経済力も隔絶していて、台湾からの大陸反攻などありえません。台湾としては、中国への害意は無いから、独立した存在として放置しておいてほしい、というのが本音でしょう。
 香港と同じことで、無理に中国と完全に同化させなくても、金の卵を産むニワトリとして自由にやらせておいた方が、中国経済のためになる、という合理的発想もありえます。台湾なら、ニワトリどころかダチョウサイズの卵を毎日産みそうです。
 しかし、これは経済的合理性の問題ではありません。中国の歴代王朝が、経済的合理性を基準に政治外交を決定してきた例はありません。服属の使節を送ってこなかったとか、独自のカレンダーをつくったとかいった理由で権威を貶められたとして戦争を仕掛けるのが中華の王朝です。
 サイバー戦、インテリジェンス戦、経済戦、外交戦、最新兵器を使った非正規戦を併用するハイブリッド戦争はロシアが実践していますが、中国も着実に運用能力を上げています。
 中国が台湾を征服する場合、弾道ミサイルの雨で更地にしてから海峡を埋め尽くす上陸用舟艇で地上部隊を送る、といったやり方はしないでしょう。サイバー戦、経済戦、外交戦で屈服を迫り、なお屈服しなければやり方はいくつもあります。南沙諸島を制圧し、台湾を海上包囲してシーレーンを切断すれば、石油一滴も輸入できなくなった台湾は、中国の膝下に置かれざるをえないでしょう。米軍が続ける「航行の自由作戦」や中国と東南アジア諸国の南沙諸島をめぐる争いは、それを防ぐ意味もあります。
中国共産党にとって台湾統一は100年の悲願。日本人の想像を超えたDNAレベルで中国は台湾を手に入れたがっています。その点で日本など外部の人間はリスク判断を誤りがちです。

一方、台湾統一のための方法は、武力統一や平和統一など時代の変化に応じて変化してきましたが、今後はインテリジェンスを用いた『智統』が浮上してきそうです。新型コロナのワクチンをめぐる中国の対台湾イテリジェンス工作最前線を紹介します。
特集「ゼロからわかる!中国共産党100年」の2日目は、国際的に活躍するジャーナリスト・野嶋剛さんによるコロナワクチンと中台関係を巡る寄稿をお届けします。

とても興味深い分析の数々で必見です。特集1日目の記事では中国共産党の歴史や基本情報をグラフィックにまとめています。まだ読まれてない方は合わせてお読み頂くと理解が深まります。

特集「ゼロからわかる!中国共産党100年」記事
■1日目【完全解説】共産党が分かれば、世界の明日がわかる
https://newspicks.com/news/5960477/
◾︎2日目『【野嶋剛】なぜ中国は、どうしても台湾が欲しいのか』
https://newspicks.com/news/5965893/
■3日目【高口康太】中国経営者は「赤い」のか?
https://newspicks.com/news/5968837/
香港の自由が死んでいく様、ウイグルの人権が蹂躙される様を見て、中国との統一を望む台湾人はいかほどいるだろうか。台湾だけではなかろう。この国の影響力の下に入りたいと思う国は減るだろう。世界の若者のアメリカンドリームをチャイナドリームが取って代わることもなくなるだろう。

中国は香港を手に入れた。それは戦術的成功だったが、戦略的にはどうだろうか。
半導体産業における水平分業化が進む中で、台湾企業がなければ一部の半導体が作れないのは確かだが、台湾企業だけでは何もできない。政治的な駆け引きの道具として使うには、半導体はバリューチェーンが複雑になりすぎているのではないか。
「党の存在理由」という価値観に紐づくからこそ、とても難しい。経済や人命、国際的な評価といった観点で、侵攻すればものすごいダメージになることは自明。でも存在理由だからこそ、党や国のスタンスとして、そのダメージを超えた合理性が、その主体にとっては存在する場合もある。
世界中の紛争は、こういったことを理由としているものがほとんどという気がする。宗教もその一つ。
祖国統一という目標のために、デマや誹謗中傷なんでもあり、というのは残念です。大人気ない。台湾と日本の良好な関係はつづけなければなりません。お互いに協力しあいながら。そこに米国や欧州を加え。
とても心優しい人々が多く大好きな国の一つです。とても親日的でタクシーの運転手が日本のパチンコ屋で流れる軍艦マーチを聞いていた時には驚きました。

家庭内暴力から家出して幸せそうにしている台湾を見ていると「共産党の存在意義」といったしょうもない理由で連れ戻されないことを祈るばかりです。

日本にとっては沖縄のすぐ近くで戦略的にも重要な位置にある最重要な友好国の一つですので、有事には最大限のサポートをすべきです。
民意を見ると、中国人のほとんどは「台湾は中国の分割できない一部」と認識しているのに対して、台湾人の約9割は「統一を反対している」ようです。
この大きな意識の「溝」は武力で埋められることは決してないと思います。
これは「智統」に切り替わった理由の一つかもしれません。
この連載について
2021年7月、中国共産党は結党100年を迎える。 今、米中対立、香港、台湾、ウイグル人権問題など中国が話題に上らない日はない。中国理解に欠かせないのが、中国を一党独裁で支配する中国共産党を知ることだ。 だが、中国共産党は、日本の感覚からすると、あまりにも遠く、複雑で奇っ怪だ。 知識がゼロからニュースの背景がわかるように、100年と現状をこの機会にコンパクトにサクッと知ろう。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン