新着Pick
239Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
宮内庁長官が天皇陛下の意向を勝手に忖度して外部に吹聴するはずはない。恐らく陛下の意思を「間接話法」でもって表に出してほしいという意向を受けての長官発言だろう。

その傍証ではないが、一部報道機関の第一報では「天皇陛下が五輪に懸念する発言をした」という趣旨の原稿が、その後、「宮内庁長官が天皇陛下の五輪への懸念を拝察する発言をした」という趣旨の原稿に差し替わった。実質的には前者でも同じことなのだが、後者でなければ宮内庁長官が間接話法をする意味がないということで、何らかのやりとりがあって差し替わったのではないだろうか。
これは正直驚きました。政治的なご発言はされないのが天皇陛下の立場です。おそらく宮内庁長官と綿密に打ち合わせした上でのことだと思われます。政治的な発言にはならない一線を引いた上で、宮内庁長官が天皇陛下の胸の内を忖度した形で、お気持ちを最大限強く示されたものと考えます。無観客が最低限の開催ラインと見るべきなのに、観客を入れ、しかも一時は酒類を出すと言い出し、1万人に加えて別枠で関係者を招くことにしたり、と一連のドタバタに心を傷められているのだと思います。名誉総裁という立場を深く考えられておられるのでしょう。これを幾何として、政権も組織委も、改めて自らを問い直すべきです。
東京五輪のあり方は今まさに政治の渦中にある問題で、いかなる形であれ、政治に影響することは避けられないように感じます。現に、拝察を受けて政権に再考を求める声が上がっているようですし (@@。
ある筈のない極端な仮定ではありますが「中朝の軍備が肥大化するなか、日本が然るべく対応しなければ国民の平和な生活が侵されないか不安と懸念されていると拝察している」、「日本の権益が侵されないよう関係機関が連携して抑止力の強化に万全を期して欲しい」と宮内庁長官が発言したら、メディアはどのような反応を示すのか (・・?
あっちは良くてこっちはダメという訳にいかない、極めて微妙な問題を含んでいるように感じないでもないですが・・・ (・・;
宮内庁長官が、こうした発言をすることは、陛下には事前に説明された上でのことだと思います。ですので、かなり異例のことです。あす各大臣の閣議後会見がある金曜です。五輪担当大臣ほか、関係閣僚の発言に注目したいと思います。
西村長官は「日々、陛下とお話ししている中で、私が肌感覚でそう感じている。陛下から直接そういうお言葉を聞いたことはない」と付け加えたとのことですが、
これは、天皇陛下と打ち合わせた上での発言でしょう。

天皇が国民の象徴として、感染症の状況を心配されのは、
当然で、「オリンピックを中止してほしい」という発言ではないので、
{天皇の政治的発言になるかどうか」についてはぎりぎりOKなのではないか。

いずれにしても、政府も野党も、天皇の意向を過剰に配慮するのはよくない。
それぞれがもともともつ信念で行動するべき。
高校、大学の先輩の西村さん。
今回は、少し歯切れの悪い内容ですね〜。

陛下も難しいお立場でしょうし…。
別に政治的な発言ではないでしょう。ただただ、国民の気持ちを代弁して頂いた感じがします。
非常に重く引き止めなければなりません。
ほんとうに7月に五輪を無理やりに開く必要があるか、あらためて考えてしまいました。
今、中止する、または無期限延期することを決めて遅くありません。
菅さんはほんとうに個人の名誉、こだわりを捨てられるでしょうか。
内閣の諸大臣はほんとうに天皇陛下のお気持ちを推察できるでしょうか。
かなりの驚きです。
これが、天皇陛下は政治的発言はしてはいけない…に反していないと、前もって憲法学者や弁護士などに照会掛けたのでしょうか?
「懸念」と言えば政治的関与。「安心している」と言えば政治的関与に当たらず。