新着Pick

効率よく“成果を出す人”の5つの共通点――AI分析でわかったトップ5%社員の習慣

PR: EL BORDE(エル・ボルデ) by Nomura - ビジネスもプライベートも妥協しないミライを築くためのWEBマガジン
497Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
AI分析の中身が気になります。トップ5%群の分類問題として、機械学習でモデル化して寄与率をみたのでしょうか?

結果に違和感はありませんが、トップ5%の選び方に、残業時間の少なさが入っているかも気になりました。そうでないと馬車馬のように働く上に効率的という人が最強、という身も蓋も無い結果になってしまいます。

トップ10%のうち、残業時間の少ない群と多い群を識別する因子を探したら面白そうですね。
仮説→実行→検証を淡々と、スピーディーに繰り返し、足りない知識は学ぶ、ということでしょうか。

成果を出す、というのはかなり的確な表現です。

仕事で【果を成す】こと、と

仕事を【成す】こと、

には大きな違いがあるように思います。

前者に近いのは、結果:ゴールを意識し目的を考えを自律して動くことが必要です。それは正に、記事でいう少ない人数。

この分析での、多くの人数では、ただ、仕事を成す:こなす・回すが多かったのではと思います。

じゃあ記事内の5%社員と同じように【すれば】良い!となりそうですが、【習慣にする】には、相当ハードです。

ある意味で、変態的な熱量がないと、この習慣まで行けないかと。

なので、この5つを意識して、1つだけでも実践するだけでも、【成す→果を成す】に活きるかと思いました。

自身にも一層!と思いつつ、記事を読みました。


この記事(書籍?)のAI分析の反対、つまり95%の残りの方に
働き方改革、残業削減や有給消化など、手段にばかり目がいき、個人と企業の成長という目的が見失われていることはよく感じる。仕事をする目的も見失わないようにしたい
関連記事一覧
「本当に頭のいい人」がしている3つの思考習慣。あなたの頭のなかとは “ここ” が違う
STUDY HACKER|これからの学びを考える、勉強法のハッキングメディア
480Picks

本当に頭のいい人が「絶対にやらない」日常習慣3選。あなたのやってることとどこが違う? - STUDY HACKER|これからの学びを考える、勉強法のハッキングメディア
STUDY HACKER|これからの学びを考える、勉強法のハッキングメディア
280Picks

「あの人、いい人なんだけどね」 "職場の人気者"は、なぜ年収が上がらないのか
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
188Picks

「人を紹介する」ということの難しさ
Yahoo!ニュース 個人
86Picks

日本という組織、「無責任なトップ」のツケは誰に?
ITmedia ビジネスオンライン
11Picks

イーロン・マスクが明かす「効率良く学ぶ」ために意識すべきこと
ライフハッカー[日本版]
6Picks

突然の「割り込み仕事」に振り回されない人の3習慣
ライフハッカー[日本版]
6Picks

英会話教室で英語が話せるようになる人といつまでも話せない人 その違いは?
財経新聞
6Picks

「偉い人」はなぜ「痛い人」になるのか〜誰からもフィードバックを受けなければ自己認知が低下する〜(曽和利光)
Yahoo!ニュース 個人
5Picks

マッキンゼー出身ヘッドハンターが説く「20:80の法則」。残り80%の社員が高い成果を生む秘訣は?
Business Insider Japan
5Picks