新着Pick
34Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
米英仏は世界各地で航行の自由作戦を行い、不当に海洋権益を主張する国々を牽制しているが、これもその延長上にあるのだろう。ロシアが「砲撃演習を実施」という英海軍の対応はとてもクールだ。日本も是非、北方領土、竹島、尖閣諸島周辺海域で海自の艦艇を通過させてもらいたいが。。。やはり無理か。
人気 Picker
英国の意図は、ロシアのウクライナ侵攻を牽制することにあります。
 英軍艦は、クリミア半島から20キロ以内に接近しました。これは、もしクリミア半島がロシア領だとすれば、ロシアの領海内に侵入したことになります。
 ロシア政府の解釈では、2014年にロシアはクリミア半島を占領しており、クリミア半島はロシア領であるとしています。
 英国政府は、ロシアによるクリミア半島占領は不法であり、クリミア半島は従来通りウクライナ領であるという立場です。したがって、ロシアの領海を侵犯したことにはならない、という主張です。
 英国側は、ロシア側が英軍艦の周りで射撃したり爆弾を落とした事実自体は否定していません。しかし、ロシアの領海に侵入した訳でもないのだから、警告射撃であるはずがない、あれはロシア軍の軍事演習か何かなのだろう、という趣旨の反論です。「ロシア側は黒海で砲撃演習を行っていたと確信している」というのが英国政府の声明です。あからさまにシラを切る、というやつですが、コケにしている、ともいえます。

英軍艦から見たロシア爆撃機の動画
https://twitter.com/Archer83Able/status/1407866212604907526
記事の見出しはわかりにくいけれど、ロシアが英軍艦に向けて「警告射撃を行った」と発表した。英国は英軍艦がいたところはロシアが強引に併合したクリミア半島沖合であってロシア領海ではなくウクライナ領海なので、ロシアによる警告射撃は成り立たないから、警告射撃を行ったという事実はないと答えた。しかし、ロシアは現場をロシア領海としているので発表内容を修正しない。ということだろう。こういうときに軍事衝突は起こると思っておかなければ。
事態の真相は、まだ不明だ。しかし、ロシア外務省は、英国大使を召喚すると述べている。
警告されている方が警告されたと認識してないという困った事案。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン