新着Pick
26Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
李善権外相 が「米国とのいかなる接触も考えていない」と述べた。行政機関外交トップの外相よりも、労働党の役職を持ち金正恩総書記の妹である金与正党副部長のほうが対米外交では責任を負っている。金与正氏の「米国との対話が大きな失望をもたらす」という言葉の強硬な部分を敷衍したもの。
米国の1300分の1の経済規模で近代的な戦闘機すらまともに持たない北朝鮮が米国を相手にここまで堂々たる立場が取れるのは、核兵器を手に入れたがゆえでしょう。もう少し引き延ばして米国が射程に入るミサイルを完成することが出来たら交渉は更に有利に運びそう。経済規模310倍で高価な通常兵器を備える我が国も、防衛白書が認める通り既に核ミサイルの射程範囲にあるなら不利な交渉を強いられるかもしれません。難儀なことですね・・・ (・・;
Premiumを無料で体験
登録・ログイン