新着Pick
77Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もともと厚生労働省の省令で「営業時間の半分以上で登録販売者の有資格者を常駐させる」ルール(2分の1ルール)が定められていたことには違和感がありましたが、2021年3月26日に、2分の1ルールの廃止案を盛り込んだパブリック・コメントの募集が出されていたため、当ルールの廃止は時間の問題とみられていました。

今後は、「大衆薬を販売する時間のみ登録販売者が常駐する」という、理解しやすいルールを適用することになります。つまりは、24時間営業のコンビニエンス・ストアで大衆薬を販売する場合、12時間以下の大衆薬の販売時間帯を有するコンビニエンス・ストアに対して、「登録販売者」の常駐時間短縮のメリットが生まれることになり、短時間の大衆薬販売併設コンビニエンス・ストアが増加する可能性があります。

しかしながら、大衆薬は少量多品種販売の代表的業界であるため、売り場面積の広い「大規模薬局チェーン」の強みが失われることは少ないと思われますし、いくらコンビニ本部が「大衆薬を扱ってほしい」とコンビニ・オーナーに依頼しても、それほどの売り上げが見込めない医薬品の販売のために、資金を投じて登録販売者を雇用するケースは、それほどは多くないと思います。

また、記事にも書かれていますが、薬局チェーンが登録販売者を育成する社内研修プログラムを有しているのに対し、コンビニ・オーナーが育成することはほぼ不可能なため、雇用する場合は有資格者をリクルートするしかないでしょう。その場合、必要な人件費はさらに上がりますので、一気に普及することは考えにくいと思われます。
そのうちコンビニでワクチン打てるようになるんじゃない?
この規制緩和は良いこと。薬局の薬剤師が役に立ったことは、調剤以外ではこれまでも経験したことがない。
株式会社ローソン(英語: LAWSON, INC.)は、日本の大手コンビニエンスストアフランチャイザーである。三菱商事の子会社として三菱グループに属している(三菱広報委員会の会員企業にもなっている)。 ウィキペディア
時価総額
5,637 億円

業績