新着Pick
68Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは期間限定なのか完全に変えるのかで見方が多少変わりますが、いずれにせよ、ここまで劇薬を投与しなければ復活できないほどティファニーのブランドが傷んでしまっているということではあるでしょう。
もっとも、ティファニーブルーが現在ブランドにどの程度の価値えおもたらしていたのか、そしてその色が世界的に見てどの程度好意的な反応の原動力となっていたのかは知らないですから…もしかすると全く正反対の色にすることが非常に高い効果を生むということなのかもしれないですね。
『ブランドのイメージカラーを変える』

たったこれだけで、世界中から注目を集め、若い世代へ向けた新しい挑戦というイメージを広げることが出来るティファニーブルーの価値を改めて感じる記事。

マーケティングやブランディングに携わる者にとって、ブランドカラーが、一つのブランド資産になるということを教えてくれる代表例がティファニーブルーだが、また新しい資産の使い方を示唆してくれたのではないだろうか。
明らかにティファニーブルーをイメージした色で作られたお店も皆イエローに鞍替え??

業績

業績