新着Pick
176Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本企業で100位以内にランクインしたのは、64位のTOYOTA、88位のNTTの2社のみになります。残念ながら100位以内には入っていませんが、日本企業の3番手はSONYでした。それとTOP 10 RISERS(2020年と比較して大きくブランド価値を上げたブランド)の7位にユニクロがランクインしているのも注目です。

しかし全体としては、記事にもある通り中国勢の猛追が目立ち、その一方で日本企業のビジビリティが下がっているのは否めません。
ちなみにAdobeは20位でした。日本語の記事では10位までしか掲載されていませんが、100位までのランキングはこちらで見ることができます。

https://www.kantar.com/campaigns/brandz/global
(Download the infographicを選ぶと見やすいです。)
仕方がないことですがもはや日本企業は出てきませんね…
まさに商流をとりにいっているAmazon.
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
202 兆円

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
271 兆円

業績