新着Pick
403Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨年日本でも化粧品市場が89%に縮小する中メンズコスメは104%の成長でした。外出減によるシェービングのダウンを基礎が大きくカバーしての結果。
メークまではまだハードルがあるとしてもスキンケアはしっかり根付いてきている印象です。年代ごとにみていくと若年層の意識は高いですし。日本では若い人ほど女性用にコスメを使うジェンダーニュートラルな層が増えています。

日本でこうなので進化スピードの速い中国はなおさら、さらに個人データを活用したデジタルマーケティングの可動性を付与すると伸びていくのは必然。 「中性的な男性」がかっこいいという価値観も大いに後押ししていますよね。
中国の男性コスメ、スキンケア市場がキテる。この話を最初にしてくれたのはアリババの方でした。オンラインの売れ行き急増で、日本を含む海外ブランドに出展するよう勧めまくっていたとのこと。

めざとい中国の創業者、ベンチャーキャピタルもこのビッグウェーブを見逃さず、大型の資金調達ラウンドが次々と報じられています。

「中国の男性がコスメ、スキンケア用品を使うようになった」という社会の変化も面白いのですが、同時にデータから消費者ニーズをいち早く察知し、すばやく新興ブランドを立ち上げるという、データ駆動の新消費ビジネスというビジネス面での新たな構図も注目されます。

データを活用してスピーディに展開する。しかもレガシーブランドが築いたサプライチェーンを徹底的に活用するという小回りの良さ。

データ時代の新たなビジネス形態のケーススタディとしても、学びを得られるお話でした。
中国のメンズコスメ・スキンケアが爆発的流行、「メイクエッセンス」は設立2年間で76億5000万円の資金調達。サラダ、ヘルシー、エコ、カジュアルという延長の「新消費」というカテゴリーのなかにこのトレンドを見るべき、と。

男性がメイクすることじたい、中国でも西洋でも歴史上、貴族社会ではおこなわれてきた。経済的・時間的ゆとりから美しさや繊細さへの関心も高まり、自意識の向上とともに他者や環境への気遣いも生まれる…。中国発コスメ、もう粗悪品は淘汰されていくでしょう。メンズ&レディスとともに、これからの発展が楽しみです。
日本でもメンズコスメの人気は高まっていて、「メンズコスメアワード」もすでにあるほど。
VOCE メンズコスメアワード 2020
https://sp.i-voce.jp/special/passione/2020/#About

メンズコスメコーナーをつくるドラッグストアも出てきています。
それでも、一般層へ広がる余地はまだ大きく、こうした海外の話題によって、さらに後押しされるでしょうね。

「メンズコスメマンガ」もあります。
「僕がメイクを始めた理由」
https://i-voce.jp/feed/536619/
中国でメンズコスメが売上を伸ばしている。中国においても最近の日本同様、中性的なイケメンが人気なのか…
(わたし個人は男っぽい人が好きだけど…←誰もお前の好みを聞いてない)
これと同様の話をファッションにおいても、中国人の経営者から聞いたことがある。2年ほど前の話だ。
「中国には、まだ伊勢丹メンズ館みたいなものはない。女性はみんなおしゃれになってファッションも多様化したけれど、男性はまだちょっとヤボったい。日本のファッションはメンズに商機ありかもね」と。
中国アイドルにやたらイケメンが多いなと、眺めていたらそういう社会変化が起きてたのですね。とても勉強になります。角刈りが時代遅れというのは、高倉健さんの『単騎、千里を走る。』を観た身としては寂しいですね😅
メンズコスメ市場は若年層だけでなく、シニアにも広がっています。効果な美白化粧水やフェイスクリームにじわりとブームが到来。リモートワークで顔が大写しになることが多く、シミやシワをできるだけ目立たないようにしたいというニーズも高まっています。

中国のメンズコスメ企業数は驚きです。一攫千金を狙うパワーには圧倒されます。
イケメン市場、確かに興味深いですね。資生堂も昔からメンズコスメ市場をつくろうとして苦労しては撤退を繰り返していましたが、やはりZ世代にこそ大きな市場があるんですね。

経済が発展すればメンズコスメ市場が拡大するのは当然として、私も最低限のスキンケアくらいはしますが、使うのはもっぱら女性用。アルビオンとか。香りやテクスチャが好きなので。
「イケメン化粧品市場の急拡大」との動向から、中国社会全体の「美男」への意識変化が現れてきます。

ネットにもテレビにも中性的なアイドルが多くなってきて、以前でしたら男の気概がないと嘲笑されたでしょうが、今は広く受け入れられていますね。

LGTBへの理解はまだ限定されていますが、社会全体の意識は着実に進歩しているように感じています。
日本でも少しずつ男性のコスメは当たり前になっていますよね。
スキンケアに関してはやってない方が少数派になってきたのではないでしょうか。
一昔前までは男性のスキンケアが当たり前でなかったことを考えると、成長余地はありますよね。
特にZ世代と呼ばれる世代を中心に既成概念を気にしない風潮なので、「男がメイクなんて…」はすぐに過去になるのかも知れません。
この連載について
中国などの世界最新ビジネストレンドを紹介する週間連載。独創性にこだわりすぎず、競合の長所はすぐ学ぶ。「Think Different(異端であれ)」より「Think Different, Later(やってから考える)」な事例を取り上げる。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン