新着Pick
831Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
これよりも、ハードルが遥かに低かった(それでも十分高かったのですが)Teslaが、何年かかって今の状態まで持ってきたか…それを考えると、この記事の論拠を伺いたくなります。

Teslaの創業は2003年、ロードスターが2008年ですので、そこから数えても、モデル3の2016年まで、8年かかっています。そして、2008年から12年後の2020年でも、世界販売は50万台です。(これでも、本当にすごい数字です!)

クルマとスマートフォンは、耐久性消費財と、一般的な消費財という大きな性質の違いがあります。つまり、前者は10年前後のライフサイクルがあり、後者は2~3年です。

加えて、地球上には現時点で、約13億台の従来のクルマが運行されており、年間で約1億台が生産される分が追加になり、廃車になるものが減るという市場規模です。

それが3年以内に根本的から変える…とは。新しいiPhoneが発売されたことで、買い換える人は多いでしょうが、新しいApple Carが発売されたことで、今のクルマを買い換える人が、どの程度いるのでしょうか?

変わる方向は、この記事に近いとは思いますが、時間軸の見積もりに致命的な誤解があると感じるのは、私だけでしょうか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
人気 Picker
田中先生の最新著と合わせて読みたいですね。
内容的には「全くその通り」と同調します。ただ、間違いなくPRESIDENT Online編集者が名付けたタイトルの「3年以内」を「30年以内」にすれば完璧でしょう。筆者は「3年以内に(アップルカーが)ローンチされる」としか書いておりませんので。。

Appleがどのような形で自動車業界にエントリーするかはまだ誰にもわかりません。ただ、記事にあるようにAppleは「EVxAV」でビジネスモデルを構築するでしょう。AVの技術が形になるのは3年以内では到底無理です。相応の時間を必要とすると考えます。
初めてiPhoneを触った時の衝撃は今でも忘れられません。iTunesで一律一曲99セントで買える様になった時も、多くのレコード会社が反対する中、そのシンプルさを訴え全員を説得するパワーは業界を一新しました。

アップルカーでは何が起きるかわかりませんが、例えば「中短距離移動」というマーケットにおいて例えば一律1km〇〇円とし、自動運転になればタクシーとレンタカーの定義の差がなくなるかと思います。

車を所有するのではなく、それぞれのエリア内を動き回るアップルカーを好きな時に好きなだけ使い、サブスク会員でも使えるようになると移動の概念が変わりそうです。またそうなればEVの最大のネックである充電時間も利用者は気にする必要がなくなるかと思います。

どうなるか分かりませんが、またあの驚きを楽しみにしています。
”アップルカーの大戦略”—昨年12月にアップルがアップルカー発売の準備をしていると報じられましたが、仮に同社がそれを実行した場合、どのような戦略を展開するかについて6つのポイントで示しました。

またアップルカー戦略の予測の一環として、マーケティングの4Pと4Cを示すともに、アップルがアップルカーを通じて目指しているだろう理想の世界観を図表で表現してみました。

お時間許す際に実際の記事をお読みいただければ幸いです。
記事の内容は概ね同意だけど3年以内にローンチはあり得ないと思う。Appleは基本的にかなり慎重な会社なのはARグラスを見てても分かる。5年以内にもあり得ず、7-10年後だと思うな。EVはスマホと違って水平分業だけで成立しない。それはテスラをみても明らか。複雑さが桁違い。もちろん3年内にAR Kit的なもののCarバージョンがOSに追加されるのは大いにあり得る


「iPhoneと同じことが起きる」アップルカーは3年以内に自動車業界を根本から変える
Appleの企業文化を思えば、Appleがやろうとすることはきっとこの記事に書かれてるような形になるだろう。車そのものをどこまで再定義できるか?というのはあるが…
時期はわからない。テスラは50万台作れるようになるまでに10年掛かった。Appleやフォックスコンがどれだけそれを縮められるか?
車は安全部品を多く含む。Appleにはそこのノウハウはあまり無い。一方で消費者はApple製品にちゃんとした品質を求めるだろう。なにせ車は事故があれば回収では済まない。ブランドへのインパクトはコンシューマーエレクトロニクスとは比較にならない。

今のカープレイの延長線上にある何かのデバイスの方が納得感は高い。ドラレコみたいなものにセンサーとかカメラ付けたりしてさ。
そもそもAppleが自動車業界に参入する手法として、(各サプライヤーを巻き込みながら水平分業で)自動車そのものを開発販売すると言う考えがちと古い様に思います。

やるなら、
・インフォテインメント系デバイスを各メーカーのクルマに遍く導入させ
・自動運転に関するセンシングや制御のインターフェースとなるべくAPIや規格を普及させ
・AppleがUX並びに制御の主導権を握る
と言う感じではないでしょうか。

それがApple Carの本質の様に思います。

クルマ作るだけならマグナシュタイヤに頼めば作れますが、
それだけじゃ販売台数は限定的ですし、現在のクルマの定義以上のモノはできません。

それってAppleがワザワザやる意味ある?って話。
アップルの参入や自動運転車が業界をディスラプトするという話は多いですが、個人的には疑問点が多いです。アップルは「自動運転技術」では後れを取っていると言われる中で、「新たな顧客体験」や「特殊なビジネスモデル」についても良く分からず、現時点では業界をディスラプトする姿はクリアに見えません。

既存の自動車メーカーの安定感のあるブランドに加えて、テスラなどの消費者を熱狂させるブランドがある中で、アップルのプロダクトが消費者マインドを塗り替える程の革新性が出るのかいまいち良く分からない。

iPhoneが消費者に手のひら一つで無数のアクティビティ可能にした革新的なプロダクトであることは間違いないですが、アップルカーはどんな可能性を開いてくれるのか。自動運転が実現したとしても、「酔わない」「安全性」などの条件がある中で、車が提供出来るサービスにライフスタイルを変える程の大きなポテンシャルがあるのか。普通の車の中でiPhone/iPadを使えばたいていの消費者ニーズは満たされるのではないか。

また、アップル製品のファンにとっては、比較的高額なプロダクトを保有することでステータスを表示するニーズが大きいという認識ですが、アップルカーのサブスクリプションサービスを使いたい人はどれだけいるんでしょうか。テスラユーザーも所有しているから自己顕示欲が満たされるわけです。アップルカーは普通に考えて高価格帯になるはずで、メインターゲットである高所得者は誰が乗るかも分からないライドシェアではなく、自分で所有するのを選ぶんじゃないでしょうか。

過去記事のコメントにも同様のことを書いてます。
https://newspicks.com/news/5930985?ref=user_1400096
https://newspicks.com/news/5634768?ref=user_1400096
https://newspicks.com/news/5738620?ref=user_1400096
グーグルカレンダーに書いておきましょう あ、リンクもお忘れなく
Appleのエコシステムに収まるのであれば、心配は不要なのかも。
Apple以外の選択肢が沢山ありそうなので。

日本の自動車メーカーがAppleの下請けになると言われているけど、命を預ける製品であるし、事業として継続するにはAppleもそれなりのコストを払わないと成り立たない。
自社が転落するきっかけになる毒リンゴとなるなら、おいそれと手を出せいないと思う。
アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh (Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
274 兆円

業績