新着Pick
413Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
SHIBUYA CITYのトークンを初期に買ったのですがあっという間に爆発的に伸びて驚きました。
全部売ればかなりの儲けにはなりますが個人的には応援の意味合いが強いので持っていくことに意味があると思いますし、思想に共感しているところがあり、中長期でもっと上がるとも思っています笑
いずれにせよファン心理をさらに掻き立てるものになりこういった新しいチャレンジは面白いと思うのでスタンダードになることを願っています!
湘南ベルマーレが2月に発行してサッカークラブを中心に広まり始めたトークンは今、J3や社会人リーグ所属クラブですごい金額がついています。なぜ、これほど高騰しているのか、今後に向けて考えるべきことは。より良い未来に向けて待たれるのは、マーケットの成熟でしょうか。
トークンのおもしろさは、クラウドファンディングのような寄付的なものではないこと。保有するトークンの価値が上がったり、下がったりします。ただ、それは何によって変動するのかがカギ。成績なのか、収益なのか。いまの状況は、投機的な側面が強いように思われます。
ファントークンは健全に運用される事でクラブに大きな効果をもたらす仕組みで、大変興味深いです。
伸び代の大きな下位ディビジョンクラブの方が人気が出るのかも知れませんね。
面白い。NFTの認知が急激に広まる中、様々なコミュニティがトークンによって支えられる様になる。
トークンが値上がり対象となるため、"投機"で買われるか、はたまた本当にそのコミュニティを育てたい"ファン"として、ファンクラブ会員などよりももっと新たな形でトークンを購入し、ファンとなっているか。

個人的には、ただトークン自体が投機対象として、一部に買われることで、本来のファンも高値を出さないと購入出来なくなる。
そうすると、元々のファンも、やはり"金目当て"に成り下がってしまう。
そうではなく平等にファンが購入できる環境を作ってあげたい。年齢別に値段を決めるとか、若年層でも適正価格でトークンを購入し、コミュニティを応援出来る様に。
海外ではFCバルセロナやユベントスも導入している、クラブトークン。これまでのファンエコノミーサービスとは違い、初期から応援したファンにも金銭的メリットが得られる可能性があるのが新しいと思います! チームとファンがwin-winでつくり上げるコミュニティ。NFTの次はトークン!
大きな可能性を秘めているものは、波乱も生まれやすいです。
良し悪しは別にしてビットコイン草創期のような状況がクラブ単位でも起きるでしょう。

クラブ・ファンそれぞれに求められる資質が大きく変化する中で熟成を迎えるでしょうが、最後はやはりチーム愛に落ち着くのかもしれません。
ファンコミュニティの熱量を暗号資産流通の形で現金化してスポーツクラブ経営に資するモデルを提起したフィナンシェの功績は大きいと思います。

最初のバブルは一定期間で収束すると思いますが、クラブ関係者がデジタル側の資金調達手法に目を向けるきっかけとなり、数年後には適切な規模の定着を見せると思います。
想定の数十倍の買いがついたと言うのは不思議な現象ですね。
今の仮想通貨的というか、適正価格ではない投機目的が多いのでしょうか。
投機だとしたときに、本来の目的がどこまで達成されるのか、手放しで喜んでいいのかは気になります。
それが影響して投機目的でないファンまでも損してしまうのはいけてない構造なので何とかいい塩梅が見つかればと思います。
ブームが去った後に何が残るか、ですが、それでもこういう新しい取り組みはワクワクします。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン