新着Pick
165Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
海外企業は結構内製化を重要視しているところが多いように思います。そうでないと、優秀な人材は常に引き抜き合いになってしまっているので。

国内の企業さんのご相談にのることがたまにあるのですがAIを売りにしたいはずなのに「そこはアウトソーシングで」とおっしゃることが意外に多く、自前の部分は確保しておいたほうがよいですよアドバイスすることも多いです。

もちろん、逆にアウトソーシングを上手に利用されてうまくいっている企業さんもいらっしゃいます。ただ、そのような企業さんは「金を出したんだから仕様書通りの機能をちゃんと納めてくれよ」的な完全放り出しタイプではなく、二人三脚でやられているところが多い印象。
ウォルマートも全て内製してるわけではなくベンダーも多く活用しています。ただ、日本の多くの大企業のようなベンダー丸投げ感はないですね。一番の違いはマネジメントやビジネス部門含めたITリテラシーが日本と大きく違うように思います。
経営環境変化のスピードが増している今日この頃、ITの力を借りなければこのスピードには適用出来ないと思います。そのITの活用において、IT部門をアウトソースすると確実にスピードが鈍ります。
アウトソースですと、記事にもあります通り、都度見積取得、発注、開発着手となるため、確実に時間がかかります。

世界的に主流となっているアジャイル開発の手法を鑑みても、内製化していないとアジャイル開発は難しいですし、以前のエストニアとコラボしていた会社においても外部リソースは使っていたとしてもあくまで人材派遣として社内に取り込み、社内で進めているアジャイル開発・DevOpsの環境内で製品開発を進めておりました。

IT部門の内製化は一足飛びには出来上がりませんが、少なくとも内製化の環境を作り、そこに従事する社員比率を上げていくやり方で企業内にIT部門を抱える方向にいくべきと考えます。
内製化とありますが、厳密にはアメリカと日本では雇用の考え方が全く異なるため、この前提の違いによるところが大きいです。

アメリカは基本的に人材流動性が高く、雇用契約の基本は終身雇用ではなく “At Will”と呼ばれるものがスタンダード。
要は雇用主、非雇用主のいずれかの意思(will)があれば辞めてよい/辞めさせてよい、というものです。

そのため、アメリカではプロジェクト単位で「雇用」をするなんてザラ。雇用を日本の外注感覚で使います。終わったらさようなら、です。

もちろん雇用すると福利厚生費は必要ですが、相手の福利厚生に加えてベンダーの間接費までが乗ってくる外注のほうが高いです。業務委託だと直接指示もできません。

もちろんベンダーを使うケースはあるのですが、日本のように雇用に重みがない点が一番の要素だと断言できます。
日本は今でもこの外部ベンダー依存が続く。そしてきっと向こう数十年残り続ける気がする。
その中でも「完全な内製化」もしくは「内製化に極めて近い外部ベンダー」を使いこなした企業がいわゆるDXという潮流を掴めるのは自明に感じる。
前者は茨の道であり、実現可能性が極めて怪しいが後者は発注側の事業会社とベンダー側の変容で成し遂げられると思う。
後者が日本を従来型のシステム開発から脱却する唯一解に感じる。

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
195 兆円

業績

関連記事一覧
小売り最強・ウォルマート、いつのまにか「巨大なメディア企業」に“大変身”していた…!
マネー現代
333Picks

米ウォルマート、医療分野での存在感を急速に拡大
Forbes JAPAN
153Picks

ウォルマート、今後10年で米国製品の調達を強化
Forbes JAPAN
98Picks

アマゾン、22年に米最大の小売業者へ 流通総額、初めてウォルマートを超える見通し
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
14Picks

米ウォルマート、仮想試着のスタートアップ企業を買収、ECサイトで活用
DCSオンライン
8Picks

【ウォルマートvsアマゾン】、2025年にアマゾンがウォルマートを抜いて米小売の覇者へ! - 後藤文俊
BLOGOS - 最新記事
7Picks

ウォルマート、ECが大躍進──“日常”が戻っても、伸びそうなのはなぜ?
ITmedia ビジネスオンライン
7Picks

WalmartとAmazonの示唆 米国のD2C(DNVB)は第三フェーズへ
MarkeZine
6Picks

世界中の小売に影響 抄録CES2021でウォルマートのダグ・マクミロンCEOが語ったこと _小売・物流業界 ニュースサイト【ダイヤモンド・チェーンストアオンライン】
小売・流通業界で働く人の情報サイト_ダイヤモンド・チェーンストアオンライン
6Picks

Walmart、アドテクのThunderを買収 ―「本当に売れる広告プラットフォーム」へ一歩前進
DX-Navigator
5Picks

Premiumを無料で体験
登録・ログイン