新着Pick
1505Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
実はジャーナリストと分類される人にも、大きく2つのタイプに分けられます。
編集者タイプ...マーケティングの発想を持ち併せている。人によっては、自分で記事という作品を書き上げるよりも、優れたタレントを見つけ、その人が持つ知識やアイデアを世に知られるためのサポート役に徹する
記者タイプ...クリエイターに近い。顧客視点もないわけではないが、どちらかというと、自分の想いドリブンで日々活動している。
私は良くも悪くも完全に後者ですが、本当に自信がやりたいことがあるのなら、それを徹底して追求することは、顧客視点である。
ただ、より広く届くいて欲しいのなら(厳密に言うと、勘頼みで、ヒットに再現性がまったくないので汗)、結果主義根差した思いやりとしてのマーケティング視点で考えるみる、場合によってはそれが得意な人の力を拝借する...
そのように解釈しました。
フリーランスでなくとも、個人も所属している組織の「商品」であるからには、自信をマーケティングするのは大変有意義だと実感した一週間です。
お読みになった方も、ご自身の経験や問題意識をベースに、本記事をわがごと化し、キャリア観の形成に行かせていただければ幸いです。
マーケティングは、消費者に「選ばせない」ことが重要ーー。そのために、ブランディングが大事だし、サブスクリプションなどの新しい販売方法も出てきている、と。この「選ばせない」という考え方は新鮮でした。
また、リーダーが会社やプロダクトを成長させる上で「目的」と「目標」を混同してしまうと、組織が疲弊。結果としてプロジェクトはうまくいかなくなるというお話も、ぎくりとしました。
最後に特集をお読みいただきました読者の皆様、ありがとうございました。
結果を出すための思いやりとは、最終的には「顧客の生活豊かにする」ということであり、妄想を膨らませることに尽きると思います。

打ち出したい商品を日頃の生活に取り入れることで、いかにお客様のライフスタイルが豊かになり、普段と違う楽しい気持ちになるのか? そういう視点で妄想を広げていくと、どういうストーリーでどのように訴求するのが効果的かが見えてくるもの。バルミューダのトースターのようにある意味職人気質プロダクトは、職人らしくマス向けの広告より口コミで広げる。ユニクロのヒートテックのように価格帯が安価の場合は、売上を取るためにはマスの広告が必要。

商品の特性とお客様を想像しながら、どうライフスタイルを豊かに出来るかを妄想を続けると、お客様の期待以上の「思いやり」を感じてくださり、購入からブランドのファンへ繋がりますね。
いろいろなるほどと思うことがありましたが、3つだけ
(1)選ばせない=スイッチングコストを上げる=その究極は「習慣化」してしまう
(2)再定義というのはトルストイの言った「芸術とは、そうそうそれが言いたかったんだ」ということに似ていると思いました
(3)顧客のタイプとしては正反対なものの、バミューダの寺尾社長とアイリスオーヤマの大山社長は同じように「社長=顧客」だということ
本寄稿に出てくる「選ばせない」という考え方は私も好きで、例えばここで先進的なAmazonを見てるといかに顧客に「選ばせない」ことに注力しているか分かります。

最初に始まったのは、「レコメンド」。
Amazonが薦めるものは自分が欲しいものであるはず、という考えと行動を無意識領域にまで植え付けることに成功しました。
これは商品「選択」を自動化したとも言えます。


次に来たのが「Dashボタン」。
このボタンは実は「決済の意思決定」を省くことにより、「選ばせない」を実現しました。

ECの最大の問題は "カート落ち" と呼ばれる、カートに入れてから最後の決済をしないユーザが大勢いることで、商品選択と購買決定が分離されていたことでした。
これを統合してしまったのがAmazonのDashボタン。


そして今は「定期購入」ですね。
百貨店とかでは以前から頒布会という仕組みでやっていたもので、考え方自体は真新しいものではないのですが、そのUXを劇的に向上させたのがAmazonを始めとする一部ECとSubscriptionモデルのプレーヤーたち。

ここでは購買の意思決定が行われず、まさに「選ばせない」状態。
スイッチングコストが高い / 低いの領域を飛び出て、スイッチさせる機会を与えない。


ここまでが今の世の中。
ではこの次はどうなるかを少しだけ想像。

キーとなるのはデリバリーコスト。
今は有人のため価格も高く、輸送量はドライバー数に比例しています。
日本で一時ヤマトなどがドライバー確保が難しく、長時間労働でAmazonのBOXを蹴ったりしている動画が社会問題になっていたことは記憶に新しいと思います。

これが自動運転 × EVで一変します。
デリバリーコストにおける人件費と燃料費がほぼ0になります。
すると、デリバリー用の自動運転車は24時間街中を走り回り始める。

その場合、AmazonのレコメンドはWEB表示でなく、「実際に届ける」という選択肢を取るのではないでしょうか?
そこで気に入れば「そのまま購入」、不要なら家の前を走る自動運転車に戻す、がほぼゼロコストで出来てしまいます。

これは、買い物にいくという「選択をさせない」世界です。


最後のは私の想像ですが、リーダーであるAmazonの動きを、「選択させない」という視点で見ると非常に面白いですね。
「企業やビジネスの目的は言葉で設定し、目標は数字で管理する」
当たり前のようでいて、多くの会社で、意外とできていないことかもしれません。

ちなみに、文中に登場する中川淳一郎さんは、一橋大学世界プロレスリング同盟出身です。
マーケティングは、結果を出すための『思いやり』
相手を想像することの重要さは何事も同じだなと感じます。格闘技の試合中においても相手が今どのような状況でどう思うかを想像して組み立てていくので、共感できるものでありました。相手を想像しないで我を通そうとするとだいたい失敗します。
とても良い表現で、とてもわかりやすい。
拡大し続けることは不可能で、膨張にも思えるのでいつか弾ける。

「濃縮」という表現がとても好きです。

>顧客を増やすのではなく、顧客にもっとたくさん愛してもらうことで購入アイテムを増やす。これも素晴らしいマーケティングです。
今までの顧客を増やすマーケティングを「市場の拡大」と呼ぶとしたら、顧客の生活を豊かにする、「市場の濃縮」と言えます。
コンテンツつくるとき、マーケットニーズに引っ張られすぎてもダメだけど、その発想がなさすぎるのもよくない。
バランスをどうとるか難しいなと思ってたところなので、三浦さんの言葉、なかでも「顧客を想像する」は非常に参考になりました。あと、プロフィール紹介の写真かっこいい笑
総じて顧客起点であることの重要性を再認識しました
特に初期はユーザーインタビューで生の声を聞くことでの発見が大きくアイデアを変えると感じます
この連載について
消費者の動向が変わり、DXやAIの進展などにより販売チャネルも多様化、データ活用も最高潮に達し、マーケティングの重要性が増している。だが実のところ、マーケティング部門がまとめたデータや示唆が商品開発に活かされない。営業はマーケティング部門が唱えた施策を無視するといった分断現象は、随所で見られる。今こそ、商品開発や営業、人事など非マーケティング部門の人も、マーケティング思考を身につけるべきなのではないか。企業トップのインタビューや豊富な実例か、識者の意見などから、誰しもが意識すべき本物の顧客思考やデータスキルについて提示する。
株式会社博報堂DYホールディングス(はくほうどうディーワイホールディングス、Hakuhodo DY Holdings Incorporated)は、東京都港区に本社を置く、広告代理店の持株会社。 ウィキペディア
時価総額
7,234 億円

業績