新着Pick
40Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
思いきりましたね…!
個人的には武井さんは特定種目の会長よりも、多くの競技団体の外部理事あたりのポジションを掛け持って、いろいろ言ってもらう方が良いような気がします。
この4年でフェンシングの存在感を飛躍的に高めた太田雄貴さん。次の成長に向けメッセージは理事会メンバーに反映されてますね。

ここからは国際分野にて引き続き日本の発言権獲得に注力される事と思います。彼だからこそできる活躍をこれからも注目し、応援します。
フェンシングの普及発展という点において、とても良い人事だと思います。

これまでの国内スポーツ団体においては、とかくその競技出身者だけで意思決定を行ってきた結果、特にマーケティングにおいて発展しきれずに来ている面があります。

今回の太田会長の意図としては、陸上出身でお茶の間の支持の高い武井さんをはじめ、スキーの皆川賢太郎さんなど、他のスポーツ出身者で且つ経営ができる、世の中に仕掛けていける面々を揃えた点だと思います。

これを機に、他の団体もIOCの分配金や補助金・税金だけに頼らず、資金的にも持続・発展できるようなメンバーを揃えて運営していくべきだと思います。
小さい競技団体だとこのようなアグレッシブな人事ができる。あとは太田体制の振り返り総括と、新会長による運営でしょう。

この人事でフェンシングの競技力や育成面に資する裾野の広がりを産むことができれば、もしかすると百獣の王ならぬ百競技の王になりかねないかもしれない。
スポーツコンテンツの価値の活かし方を本当に良く分かっておられた太田会長のDNAを是非引き継いでスケールアップさせていただきたいと思います。
注目したいです。
面白いのは面白い。でも太田氏は武井氏より若いからな、これから何してくれるんだろ。
なかなか首を縦に振ってもらえなかったとのことで、太田会長にとっては念願の就任ということになるようです。太田会長の後任は荷が重いところが多いと思いますが、ぜひ武井新会長には太田さんを超える活躍を期待したいです。