新着Pick
The Wall Street Journal
スイスの金融大手クレディ・スイス・グループとソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長は、長年にわたった融資関係を先ごろ解消した。クレディ・スイスはSBGとの取引も抑えている。当局への提出資料や関係者の話で明らかになった。  ...

この記事は有料会員限定の記事となります。

198Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
クレディスイスが、ソフトバンクグループとの20年来の関係を終了したということ。
多くの金融機関にもっとも手数料を落としているグループでもあるので、そのプールは手を出さないということですね。

なお、ソフトバンクとソフトバンクグループ(SBG)はもう完全に違うモノと認識した方がよいです。この記事はソフトバンクではなく、SBGの話ですね。
ソフトバンクは国内の通信事業会社。SBGは、完全に投資会社です。ソフトバンクもSBGにとっては投資ポートフォリオの一つという理解。
企業価値の源泉と説明に力を入れられているNet Asset Value (時価純資産)ではソフトバンクよりもアリババの価値の方が高かったりします。
直接的には、英金融ベンチャーのグリーンシル・キャピタル破綻の影響でクレディスイスがソフトバンクグループとの取引関係を見直したことによるものだと思います。外資系投資銀行では、創業経営者が経営する上場企業とは、法人部門とプライベートバンキング部門が連携して、法人取引と個人取引の双方を推進します。個人取引の主たるものはオーナー経営者の持ち株の資金化と同資金の運用。そして海外IR等で親しくなり、法人取引でも食い込んでいく・・・・。それが今回は、法人取引を先に解消し、個人取引のアンワインドが済んで取引解消になったという意味だと思います。
背景は存じ上げないが、近年、ソフトバンクは事業会社としてではなく、投資銀行要素が大きくなった。

イスラエルでも、ソフトバンクがイスラエルのスタートアップに投資すると、イスラエルの記者が間違えて

「日本の投資銀行が、投資!」

と記事タイトルをつけたが、いやいやソフトバンクは事業会社です。って突っ込みが入った後で、投資銀行的な事業会社で、、、。と後から注釈をつける必要があるほど、会社の事業はやはり投資業務のイメージが強くなった。

投資の比率が上がってくると、どうしても本業の良し悪しが伝わって来にくくなる。
小さな例えで申し訳ないですが、自分が証券マンとして孫さんの営業担当だったら、信用の担保がゼロになるので、明日からノルマ手数料どうやって上げようか・・・と思うとゾッとします。
クレディ・スイス・グループとしては、経営者への便宜を図るものとして株担で孫さん個人への資金をずっと融通してきた。それが法人営業にもつながるものとして一体的に考えてた。でもグリーシルキャピタル破綻を受けて、クレディSがソフトバンクG提訴を準備とあるように何らか両社間での信頼関係が損なわれるようなことがあったんだろうな。それを受けて、経営者個人への便宜を図る意味合いがなくなり、株担での融資終了、ということかなと。
グリーンシルの経営破綻を機に関係が悪化したとのこと。
複数の関係者によると「クレディ・スイスは法人顧客としてのSBGとの関係縮小にも動いた。今ではSBG絡みの取引には追加のリスク審査・承認手続きを義務付けている。これは実質的に新規取引の禁止に相当するという。クレディ・スイスはSBGのほか、同社のハイテク投資ファンド「ビジョン・ファンド」の出資先企業の金融アドバイザー役も務めてきたが、関係者によると、グリーンシルの経営破綻で両社の関係はぎくしゃくするようになった」
クレディスイス自体がろくでもない会社ですからね。
今まではコバンザメ的にソフトバンクかららおこぼれをもらっていたけど、一度痛い目見たからもうやめとこうみたいな話でしょう。
で、違う大魚を探す…みたいな。
非常にクレディスイスっぽい対応じゃないでしょうか。
ほう
これによるSBGへの影響は如何に⁉︎
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く日本の持株会社。固定電話やインターネットに関わるインフラ事業やインターネット・カルチャー事業がある。 ウィキペディア
時価総額
11.3 兆円

業績

時価総額
2.73 兆円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン