新着Pick
962Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
近年の中国ビジネスをみると、PDCAよりTECAを回しているように感じています。
PDCA(Plan→Do→Check→Action)
TECA(Try→Error→Check→Action)
DCAP(Do→Check→Action→Plan)
空論より実践、スピードが最も重要になっている今、どっちが早いか一目瞭然です。
永遠にPをやりなおしていること、固めた定義を再定義しなおすこと、会社あるあるです。人数に余裕がある大企業ほど陥りがちなので,自戒を込めてDcap Dを大文字にして伝えたい。
まさに。私もDOから入り、情報を仕入れ、計画を立て、Actionを起こします。その方がやるべきことが一次情報で見えてくるし、何にしろ行動(原因)が成果(結果)を作ると思っています。
まずは、頭でグダグダ考えるのではなく、小さなことからでもいいから、行動なのだと思います。
PDCA→SDCA...
知見を積み上げて、お客様起点の変化を加味して、ベターを追求する成長サイクル。

S...標準化は、
DCAの結果、知見を永続化させること。
やはり、D起点で、しっかり反省。

D毎にガラガラポンと、とっ散らかしたくなりますが、少しでも個人と組織で成長できるサイクルに入れるように。
個人的な感覚では、pDCPA