(第1段落の業務休止日を6月19日から18日に訂正し、最終段落を追加します)

[ワシントン 17日 ロイター] - 米証券取引委員会(SEC)は17日、このほど国の祝日に制定された6月19日の振替休日として18日(訂正)の業務は休止すると発表した。主要な金融市場は通常通り、取引が行われる予定としている。

バイデン米大統領は17日、6月19日を米国の奴隷制度終了を記念する国の祝日に制定する法案に署名した。

SECによると企業財務情報公開システム「​EDGAR」はデータの受け付けを停止する。

米人事管理局(OPM)によると、多数の米政府職員は18日が振替休日となる見通し。