新着Pick
54Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
同社はハードウェアからソフトウェアへの移行が企業ビジョンです。遺伝子診断事業でも遺伝子診断データの収集・解析事業に注力するということのようですが、医療検査領域で重要なのは「ハード(自動化機器)」だと思います。まずそこで継続的な事業性を獲得します。近年は特定遺伝子の発見により、特定の医薬品が使用できる「縛り」(個別化医療の重視)も作られているので、ビッグデータよりもパーソナルデータの方が、まずは重要でしょう。

記事にもあるように、日立は、最近医療機器事業を富士フイルムホールディングスに売却し、医療機器分野から撤退しているため、ちぐはぐな印象を受けます。この点も、機器をもたないと医療機関への定期訪問が維持できず、シナジー効果が生まれません。

日立は、ソフトウェア領域への転換が企業再生を導きましたが、逆にそのことが、(多角化他領域では)新たな「イノベーションのジレンマ」をうむのではないかとの危惧があります。何が何でもハードを捨て、ソフトを得るという企業の方向性が裏目に出ないことを願いたいと思います。
微細な細胞や遺伝子を計測・分析する技術を持つ日立ハイテクを完全子会社化した日立。
3000億円の投資枠のうち「1500億円をM&A(合併・買収)や出資など事業開発投資として活用する」そうです
「医療の標準化」と「個別化医療の拡大」

なかなか現場ではついていくのも大変ですが興味深い時代に医者をやれているな、とこういう記事を読むと感じます。