新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ドイツで行われた原発に関する世論調査の結果


・2012年には73%が脱原発に投票したが、2019年には60%、2021年に56%に低下
・脱原発は、女性、若い人々、上位の社会階級、そして当然のことながらグリーン有権者から特に高い支持。例外はFDPとAfDの支持者で、その大多数は反対。
・2022年以降、ドイツは原子力エネルギーなしでは成し遂げられないと信じている人々の割合は、2004年以来50パーセント前後で変動。どのグループでも、43%を超える信頼度はない。
・調査対象者の42%が、ドイツの気候保護に再エネと原子力の組み合わせを使用するのが良いと考えている。
・2021年6月15日、調査対象者の49%が、EUの気候保護目標を達成するために、引き続き原子力を発電に使用すべきであるとの意見
・地図を見ると、東部では原発承認が優勢。北西部が反対。
・原子力エネルギーに対する若者の承認は、2020年の初めから急激に高まっている。
ドイツ人の大多数は気候保護のために原子力発電を望んでいる

脱原発は減少の一途