新着Pick
25Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
高い成立率にはコロナ禍という特殊な事情もありました。ただ、政治の成績は、成立率で表現されるものではないので、評価の対象にすることは難しいと思います。それはともかく、あえて同じように意味のない物差しで別の視点から見てみます。与野党の勝負でみると、私は、与党の2勝1敗、1不戦敗とみます。2勝はデジタル庁法案と土地利用制限法案。1敗は廃案の入管法改正案。不戦敗は与野党合意に背いて提出もできなかったLGBT法案です。ただ、2勝の法案は、定義が曖昧で社会全体に大きなリスクをもたらし、社会にとって勝利とは真逆のものです。1敗の法案は、与党的としては失敗でも、かなりの英断だと思います。不戦敗は、もうそろそろ時代の変化を理解しないと、自民党は米共和党のようになりますよ、と教えていると思います。
人気 Picker
毎日新聞のプロがよく分かんない独自理論振りかざしてるな。定量評価はあって然るべきだろ、無意味なんてことは絶対にない。中身の評価も偏りすぎで意味不明。メディアがこのレベルなので、政治がよくならない。