新着Pick

イスラエル軍、ガザのハマス施設を空爆 停戦後初

Reuters
[エルサレム 16日 ロイター] - イスラエル軍は16日、パレスチナ自治区ガザから発火物を付けた風船が飛ばされたことを受け、ガザを実効支配するイスラム組織ハマスの武装施設を空爆した。
54Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
このてのイスラエル軍のドローンによる空爆は、ガザでは従来から毎週のようにあったことです。
 この場合は、なぜ空爆したかというと、ガザ地区から発火装置付きの風船が飛ばされたからですね。発火装置付きバルーンも、近年のパレスティナ人勢力が非常によく使う戦術です。一部はイスラエルの領土内で芝生を焼いたりします。ごく稀に、家屋などに火をつけることもあります。
 発火装置付きバルーンは、何といってもコストが安いです。ロケット弾よりもはるかに安いです。アイアンドームのようなミサイル防衛で撃ち落とされることもありません。イスラエル側に与える被害も小さいですが。イスラエル軍のドローンによる空爆よりもはるかに低コストでしょう。
 こういう非常に低強度の攻撃を何十年も続けていくというタイプの紛争です。アフガニスタンやイエメンでやっているような戦争に比べると死者数はずっと少ないです。
日本陸海軍も昔やったが、ハマスのものより相当大きく、日本からミシガン州にまで到達した爆弾もあったとか。
イスラエル機がパレスチナ自治区ガザにあるパレスチナの訓練施設を攻撃したとの報道。
イスラエルとハマスが先月に停戦合意してからイスラエルによる初めての攻撃となります。
新政権になって、いきなり・・・
Premiumを無料で体験
登録・ログイン