新着Pick
96Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
少量多品種こそDXの恩恵を最大に受ける。こういう日本企業は見てて頼もしいです。
人気 Picker
トラスコは、工具卸として最後発。だけど、自動化だったり含めて面白い取り組みを多くされている。例えば下記は倉庫での取り組みで、オートストアとバトラーを組み合わせている。
今回業務資本提携するうちの一社のGROUNDは、こういった倉庫などの自動化インテグレータ企業という印象。バトラーの日本での代理店(GreyOrange)だし、オートストアの代理店のオカモトともパートナーを結んでいる。
https://newspicks.com/news/5008938

そこでもコメントしたが、「取捨善択」とか「先手必笑」など、中山社長が言葉にもこだわりを持って経営されている会社(下記やそこのリンクにある55周年の講演冊子、個人的にはとても好き)。
世の中の常識と言われるものに与せず、ポリシーをもって長期を見据えて経営している会社は本当に面白い。
http://www.trusco.co.jp/company/top_message.html
メモ

> 「機械工具専門商社のトラスコ中山は、顧客の需要を人工知能(AI)で先読みして商品を配送する「先回り納品」のシステム構築に乗り出す。AI開発のスタートアップ企業など2社と資本業務提携し、新たな物流センターの建設費など200億~250億円を投じる。2026年のサービス開始を目指す。AI開発のシナモン(東京・港)、物流ロボットのGROUND(東京・江東)と資本業務提携する。それぞれに5億円ずつ出資し、共同でデータの拡充や解析などを手がける。研究開発では名古屋大学とも連携する。」
在庫に合わせて、先回り発注も必要になると思います。
予測の結果、トラスコ中山は意図しない発注があっても受け入れ、先回り納品の為に在庫を確保すると理解して良いのでしょうか。

今それいりません率が気になります。

PDF『AIxロボの協奏新流通プラットフォーム構築に向けて「トラスコDX2.0」を始動!!』
http://www.trusco.co.jp/wp-content/uploads/2021/06/NEWSRELEASE_20210615.pdf
「在庫は悪」という業界の常識に反して、「在庫を強み」としてきた同社ならではの打ち手ですね。
「先回り納品」は需要予測も大事ですが、発注・配送の最適化もダブルハーベストの両輪として重要ですね。業界トップをすでに猛追していますが、リードタイム、利便性、コスト競争力のすべてで競合を上回り、業界ディスラプターとなる可能性を感じます。
トラスコ中山株式会社(トラスコなかやま、TRUSCO NAKAYAMA CORPORATION)は、工具や屋外作業現場用機具専門の卸売企業。プライベートブランド「TRUSCO」を35,400アイテム(2014年3月31日現在)展開する。 ウィキペディア
時価総額
1,863 億円

業績