新着Pick
439Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
マッチングプラットフォームはレガシーな業界ほど効く。

というわけで、個人事業主、零細事業者が大半を占める中国トラック物流業界で革命が起きています。トップシェアを誇るのはソフトバンク・ビジョン・ファンドが出資するフルトラックアライアンス。

運送企業出身の叩き上げ企業と、アリババ出身のエリート企業が合併して成立したという不思議な会社ですが、今や200万人を超えるドライバーが活用するサービスに。

たんなるマッチングだけではなく、ドライバーの信用履歴、移動データなどを活用するビッグデータ活用で、価値を高めています。

一方、たんなるマッチングだけでは顧客ニーズを満足させられないと、トラック配送に関するフルサービスを提供する新たなマッチングプラットフォームも登場。

DiDi貨物版、都市内配送大手から都市間トラック配送に拡大した貨拉拉など、物流DX企業がひしめく世界について、スタートアップ・データベース「ITオレンジ」の創業者、文飛翔さんにうかがいました。
「シェアリング/マッチング」文脈の超王道とも言える
物流領域ですね

テーマ横断的・定量的に見ても、物流分野がシェアリング
/マッチングプラットフォームにおいて一定存在感あると
分かります
・独自調査ですが、2021年3月までに「シェアリング/
 マッチング」をテーマに中国で資金調達したのは494社
・うち一定規模にまで到達したのが105社(※1)
・中でも物流/宅配(トラック便/バイク便)は7社あり、
 いずれもほぼ生き残り続けて大手IT発and/orユニコーン
 として活躍中

参考までにそれ以外も含めてシェアリング/マッチング
文脈で比較的に規模維持・安定しているのは以下あたり
・モノ: 自動車、自転車(第2世代)、スマホ電池、
 2輪用電池
・サービス: モビリティ、物流/宅配(←本日の記事)
・空間: 短期宿泊、オフィス、モデルルーム
※ 大型合併で生き残り模索したのはモビリティ、物流
※ 中国らしいのは、スマホ電池、2輪用電池(プロ向け)
  モデルルーム(家具ECによる顧客宅の見学差配)等か

なお、最近は単純なマッチングから一歩進んで、各分野で
クラウドからギグワーカーに知恵を授けるような
「SaaS × マッチング」サービスも登場、そうした流れも
面白いのではないでしょうか
・IoT製品セットアップ
 (派遣マッチング × マニュアル/トレーニング)
・保険(営業支援)、等々

物流自体について分かりやすく深堀してある記事のため、
少し引いた目線でコメントしてみました

※1 Bラウンド or 累計5,000万元調達 or Valuation3億元
 超と定義(それでも力尽きた先も少なくないですが...)
非効率かつ非デジタルだった分野がどんどんデジタル化される様は圧巻です。

日本にも物流DXに取り組む会社はありますが、違いはVCのお金の集まり方とスピードでしょうか。

とても興味深い事例ですので、ぜひご覧ください。
配送領域のDX、スマート物流の流れ含め、グローバルに色々進んでいる中での中国の記事。
にしても、いたずら電話の下りは面白いともいえるが、競争の過酷さも表す。

全般として、記事のようなマッチングもあれば、あとはリアルタイムの配送マネジメントなどもある。EDI(電子データ交換)などは昔からあったが、電話・FAXなどでの手配が主だった。宅配便など大手はデータ投資などをしていたが、小規模でも参入でき、大手の下請けをしたり重層的な構造。
こういう重層的な構造に、プラットフォーマーができると、中抜き構造ができる。ユーザーからすれば安く、下請けからすれば直接取引でより高くなる。また物流は実際のものを届けるという観点で、どういう経路だと複数の荷主のモノを混載すると効率が良くなるかなどが変わる。これらができるのも、スマホが誰でも使うレベルで普及して、場所がリアルタイムで分かったり操作性としても誰でもできるようになってきているから。
とはいえ、国内運送と国際運送ではニーズも異なる。プラットフォームとしてどれだけの汎用度を求めるかも違うし、各国ローカルの物流慣習もある。一定分散的になるのではないかと思う。米国だとConvoyやCH Robinsonが買収したFreightquoteなどがある。あとはデジタルフォワーダーも近接領域で、Flexportなどがいる。
中国での壮絶な配送マッチング競争、収益無視の血を流しながらの戦いを終結させたのは、競合同士の合併でした。シェア獲得のためとはいえ、結局は誰にもメリットがない。

ドライバーと荷主の決済はAlipayだそうです。Alipayの利用データの活用で、保険の勧誘や融資のクロスセルを実施。マッチングだけでは儲からないビジネスモデルなのですね。
途上国に行けば行くほど物流コストが高くなるのはあるあるですが、だからこそ既存の大手物流会社よりもアセットライトかつリソースアロケーションが効率的にできるスタートアップが強い気がします。
日本のスタートアップで言うと、CBcloudが近そうですね
https://www.cb-cloud.com/
あとでコメントかく
フルトラックアライアンスのこれまでと現状な記事
この連載について
中国などの世界最新ビジネストレンドを紹介する週間連載。独創性にこだわりすぎず、競合の長所はすぐ学ぶ。「Think Different(異端であれ)」より「Think Different, Later(やってから考える)」な事例を取り上げる。