新着Pick
25Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
僕は昔から「若いうちはバリバリ働け」と思ってますし、時代錯誤と言われても言い続けようと思っています。もちろん法律違反はダメだし、体をこわしてもダメですが。

少なからず量は質に転化しますし、10000時間の法則よろしくスキルを身につける(成長する)ために時間を投下することは有効です。

若いうちにどれだけスキルを身につけるかは30代以降のキャリアの選択肢に影響します。30代のキャリアは、40代のキャリアに影響します。それは50代60代も同様です。

これって受験勉強にも似ていると思っています。大人になってからの選択肢を広げるために、子供のころ頑張って勉強をする。大人になったら卒業と思う人が多いですが、実際には大人になってからが資本主義社会の本当の戦いが始まる。

ワークライフバランスは人生全体で考えたほうが良いです。

20代からワークライフバランスを意識しすぎた結果、50代でキャリアが詰むとかは結構考えられるので。(もちろんそうじゃない優秀な人は別。でも多くの人は優秀ではないので)
残業での魂の擦り減りというのは、まわりとの関係性によるという経験もありまして、人によるとしか言いようがないです。同じ時間やっていてもストレスになるときもあれば、そうでないときもある(健康診断で心臓疾患の疑いで要精密検査ってなったときは、いろいろと思いましたけど)。
なので残業一律ゼロも残業いっぱいも双方ProConあると思います。

でも、若いうちは時間の余裕も体力もあるので、量こなせるところはこなした方がいいのかな、と思います。失敗もできるのが若手の頃なんで。どんどんチャレンジして、どんどん成功も失敗も経験して、PDCAまわして経験値上げていってほしいです。

年取って家族持つとそんなこともできなくなる。
Andohさんいう通り、10,000時間の法則、私もあると思っています。
がんばれるときにがんばっておくと、オッサンになったときの思い出話にもなりますので(ここは余談かな)。
もちろん残業は無いに越したことはないのですが、無かったら無かったでお金が足りなくなったりします。