新着Pick
88Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国では、バーモント州でワクチン接種が成人の8割を超えたことが報道されました。州によって差はありますが、順調に接種が進んでいます。

今月中に、ニューヨークにある私の病院でも患者の診療エリアを除いてはマスク装着が不要になります。最後の砦である病院でもマスクが外れるというのは、ワクチンの効果がそれだけ高いものであると医療界が認めている裏返しでもあります。
カリフォルニアでは、現地時間の明日(6/15)にディズニーだけでなく「フルオープン」となる予定で、すごいお祭りがあちこちで繰り広げられると予測しています。

ちなみに州の新規感染者数は7日間移動平均でちょうど1000人ほど。人口4000万人と日本の半分以下の規模。日本が新規感染者数2000人ほどなので、人口あたりではだいぶ日本に追いついてきました。

日本の感染者数が少ないというと、必ず「でも日本は検査を絞っているからー」と言われますが、トラジェクトリー(減少傾向)で見ても減少傾向で、ワクチンも進んでいます。なぜ、日本では皆こんなに悲観的なんでしょうか??

カリフォルニアのお祭り騒ぎと比較して、そこまで悲しい顔しなくてもいいじゃん、ワクチンの進行や感染の減少をもっと素直に喜びましょうよ、と思ってしまいます。そして、頑張って感染対策をしてきた飲食店や医療従事者の皆様に感謝しましょう。
社会全体のワクチン接種率を上げていくためには、あらゆる層に打つメリットが分かりやすく展開されていくことが肝要です。

米国では、官民が力を合わせて、あらゆる手を駆使して、ワクチン接種率を高めようとしていることが伝わってきます。

日本も追いつけ、追い越せで頑張りたいところです。
「ワクチンの接種を完了している入場者へのマスク着用義務を解除する」、「ワクチン接種を済ませていない入場者には引き続き屋内でのマスク着用を求める」 (@@。
予約してリストバンドを受け取れば、一人一人がその人に合う特別なサービスを受けられるアメリカのディズニーランドゆえこうした区別も確実にできるのでしょう、たぶん。ドナルドダックが好きで今日が誕生日という人が傍に来たらドナルドがおめでとうと声をかける、といったサービスも、あなたはワクチンを打っていないからマスクして、という“サービス”も、やることは同じですもんね (^_-)-☆
EUがデジタルCOVID証明書を7月から本格的に運用するなど、諸国は“ワクチンパスポート”を積極的に活用してワクチン接種を受けた人を先頭に活動の再開に動いています。ところが我が国では、ワクチンパスポートは打たない人への差別に繋がるといった議論が先行し、厚労省も「ワクチン接種は、最終的に個人の判断によるものであり、接種しないことによる不利益や差別が生じないように対応することは極めて重要なことと考えています。(中略)接種しないことによる不利益や差別が生じないような取り組みを進めます(下記URL)」といったことを言っており、“ワクチンパスポート”の発行で明らかに出遅れました。
ワクチン接種は任意、打たない人への差別は認めない、と強調しておけば、ワクチン接種で問題が生じた時の厚労省が責任は避けられますが、ワクチン接種の高い有効性と安全性を厚労省も認める中で、社会活動を正常化するのに必要な『区別』さえ差別として避ける風潮を生みかねません。
https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000739091.pdf
ワクチン接種を急ぐとともに早急に世界に通じる“ワクチンパスポート”の支給体制を整備して、接種済者を先頭に活動の再開に注力すべき段階に我が国も来ているような気がします。それがあってこそ、現役世代へのワクチン接種にも力が入るように思います。 (^^;
マスク不要がすぐそこまで!
アメリカはコロナ対策、最初は迷走している印象でしたが、ワクチン接種の舵きりは非常に優秀だったと思えます。
今年は欧州のあちこちに行くことを優先するけど、来夏には新たに完成するスターウォーズホテルに宿泊する事を夢見ている子供達をオーランドに連れていかなくては
米ディズニーは、フロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールドとカリフォルニア州アナハイムのディズニーランド・リゾートでワクチン接種を完了している人のマスク着用義務を解除する方針を発表。ワクチン接種でマスクなしがどんどん広がっています。
アメリカはどんどんマスク無しに倒れていきますね。急がなくていい気がしますが、マスクは息苦しくて、不自由という感覚が強いのでしょう。
ワクチン証明書なしは意外でしたが、米国は接種率50%強で接種可対象年齢では70%ですので、厳格に管理しなくても良いレベルになってきていると見ました。

50%でここまでできるということは、8月中に日本やアジアも同じレベルになっているはずです。バンコクでは昨日からフットマッサージや公園が再開されました。
こうなるのが普通の感覚。もちろん完全に安全な訳ではないが、ゼロリスクまで我慢出来るような精神構造を普通の人間は持ってない。そもそもゼロリスクにはならないし。