新着Pick

民主主義の結束でG7復権 渡邊啓貴帝京大教授

産経ニュース
先進7カ国首脳会議(G7サミット)は、中国のワクチン外交や巨大経済圏構想「一帯一路」への対抗策となる10億回分のワクチン供与や途上国へのインフラ支援で合意し、民主主義国の結束を示した。米欧関係はトランプ米大統領時代に悪化したが、バイデン米政権の発足を受け、今後のG7の協調姿勢を確認することができたといえる。
1Pick
Pick に失敗しました