新着Pick

医療従事者の感染、月525人から47人に激減…「ワクチンの効果」

読売新聞
東京都内で5月に新型コロナウイルス感染が確認された医療従事者は47人で、今年最も多かった1月の10%以下に減ったことが、読売新聞の調べでわかった。全感染者に占める割合も下がっており、専門家は3月から本格化したワクチン接
136Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ワクチンの効果を裏付ける数字になっていると思います。
そもそも医療従事者の感染は、コロナ病棟をみている医療者にはほとんどみられていませんでした。防護服を着て対策をしていたためです。むしろ多かったのは、他の理由で入院した患者が後からコロナと発覚した時に気づいたら感染していたというパターンや、病院以外(市中感染、家庭内感染)で感染し、入院中の患者さんに広めてしまうというパターンでした。ワクチンにより「バリア」ができたことでこれらの感染が減っているものと考えられます。
東京都内で5月に新型コロナウイルス感染が確認された医療従事者は47人で、今年最も多かった1月の10%以下に減ったとするニュースです。

医療関係者へのワクチン接種率の向上と共に右肩下がりに感染者が減っていることを示すデータで、もっともハイリスクな環境にいる人たちへの安心感につながると共に、今後、高齢者やその下の世代への接種が広まることへの希望を感じられます。
これは本当に心強くかつハッピーなニュースです。
現場では、ドクターよりも圧倒的に患者さんと密に接する看護師さん(食事介助や移動介助、吸引の処置など)の方が感染されている方が多く、とにかく看護師さんにはやく予防接種を、、と思っていました。

一般の方もはやくみんなが接種できるようになりますように。
世界で数多実証されてきたmRNAワクチンの圧倒的な効果が、ようやく日本でも見られてきたという事。これから同様の事例が全国で続々と出てくる
嬉しいニュースです。
コロナ以外の病人も含めて、潜在リスクを持つ患者を日夜治療、看病に当たってくれる医療従事者の安全確保はなによりも大切なことです。
「対策に努めている」ことは医療従事者であれば当然で、以前から抜かりはなかったはず。それでも月に500人以上いた医療関係者の感染が50人未満に激減したのは一般に先行して行ったワクチン接種の効果に他ならないと考えて良いはずです。
つまり「行動変容」はあくまで補助的で、ワクチン接種が夢物語であった数ヶ月前まで、われわれは「竹槍でコロナウイルスと戦っていた」のだということがよくわかりました。
そうかな、ワクチン接種の効果でそんなに早く現れるのかな?

1月おいての2回の接種とその後の2週間を合わせて、効果が出るには、約1月半必要だそうで、医療従事者の数から考えても、医療従事者の感染者数が「激減」したには他に理由があるのでは?

傾向があるからといって、安易に結論に飛びつくと大事なことが忘れさられる。
そろそろ高齢者向けのワクチン接種率が4割超えそうですから、高齢者の方々の感染にもワクチン効果も期待されます。
改めてワクチンの効果が確認できました。やはりワクチンは接種すべきですね。英国でインド型が猛威をふるってますが、入院した患者で2回接種した人は3%未満。7割近くがワクチン接種をしていない人。
ワクチン接種しない人は自分自身だけでなく他の人にも危険だし、医療機関を逼迫させることになります。
ポジティブなニュースですね!

もちろんこれまでのワクチンのデータから感染予防効果はあるのでしょうが、今回のデータが全てがワクチンの効果と判断するのは早いかと。この時期にワクチン2回接種して免疫を獲得している医療者はごく一部では?と思います。ワクチンの効果もあるとは思うが各施設や職員がコロナを前提とした職務になれてきた側面もかなりあるかと思います。

ポジティブなニュースこそ相関関係と因果関係を早とちりしないように気を付けないとですが、なんにせよいいニュースなことは間違いないですね