新着Pick
419Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今は「エシカルコンビニ」など、「言ったもの勝ち」になっていますが、いよいよ真にエシカル・サステナブルな取組みとSDGsウォッシュ(見せかけ)を見極める時期に入りつつあります。

まず国際レベルでもISO(国際標準)で「サステナブルファイナンス」や「サーキュラーエコノミー」の定義が議論されていますので、これらも早晩「言ったもの勝ち」ではなくなります。

今後の大きな方向性は
「Sustainable」(自然環境が自ら再生・回復できるスピードの範囲内で事業を行うこと)や「Ethical」(これに人権や動物愛護等の概念も加えたもの)と
「Less-Harmful(Harm Reduced)」(サステナブル・エシカルとは言い切れないが、これまでの事業よりは環境・人権等への害悪が抑えられていること)に
区別がされることになるでしょう。
大事なルール形成として注目しましょう。
「安心、安全、エコ」などをうたい文句にしている商品はいくらでもありますが、そういうことをした企業が米国では告訴されることがある、という話です。
 訴訟は米国では最も盛んなスポーツといったところがありますが、当然ながら、この競技も勝たなければ意味がありません。消費者団体などが告訴するとしても、勝てる相手を告訴します。訴訟に莫大な予算をとれる企業、たとえばウォルマートを告訴したりはしないでしょう。中小ながら、社会的に注目されている企業が狙われます。
 米国では、人種問題でも環境問題でも、訴訟で社会が変わります。「社会を変えたい」と本気で考えるのであれば、弁護士になるか、訴訟の資金を集めるところから始める場合が非常に多くあります。
 この記事ではESG投資の注意点が書かれていますが、本当にESG投資に基づいているのはどういう企業かといったことではなく(「本当に」とか言い出すといくらでも突っ込みどころが出てくるので)、下手にESGをうたっている企業は、告訴されて株価が急落する危険があるので、気をつけた方がいい、という内容です。
こうした話は、結構前からありサプライヤーをどこまでさかのぼってみるべきかなど結構難しい点はまだまだ多いと思います。
ちなみに、最近のWSJでESG企業の株価の良し悪しは、ランキングする会社によって全く異なるという記事がありました。
https://www.wsj.com/articles/how-esg-stocks-perform-depends-on-who-ranks-them-11623403803?mod=itp_wsj&ru=yahoo
環境に良いか悪いか
持続性が高いか低いか
これ自体がほぼ答えのない問いであるところです。

明らかに不正であること、何かを不必要に破壊しているなどのことがあればそれは非選択できますが
「よいこと」「よりよいこと」になると見せ方、説明の仕方という手練手管になってしまうのは仕方ないことかなと思います。

農法に関しての議論もこの辺の平行線はどうにもならない。
オーガニックもアニマルウェルフェアも否定するつもりはないですが
現代農業否定のネタにしてしまうことによって本質を見誤ることが多いと感じています。
食品を消費者に安く、大量に、途切れなく提供するため、食品生産の過程では動物や魚が「製品」として効率よく生産されます。動物や養殖魚に何を食べさせ、どこまで太らせ、どの時点で収穫し、食用でない部分をどう処理するのか、かなり緻密に計画され、効率アップのための研究なども盛んにおこなわれています。つまり、安く便利に肉や魚が手に入るとは、そういうことなのです。それに抵抗する(もしくは加担しない)ため多くの人がベジタリアンやヴィーガンになります。

こういった現実を踏まえた上で、生産側はどのようにエシカルやサステナビリティに沿った生産・販売ができるのかを考えているわけですが、消費者はこの現実から目をそらしているので、コミュニケーションが難しく、この記事のようなことになるのではないでしょうか。この消費者団体が考えるエシカルな鶏の生産は可能かもしれませんが、値段は今の何倍にもなるでしょう。それでも、そういう鶏がいい、という消費者が一定数存在すれば、それはそれでニッチなマーケットになると思いますが。
倫理的?鶏の保護を言い出すと、人は何も食べられなくなります。メンドリが18カ月になると、食肉として売却するというのが倫理に反するとは。クジラは可哀想だけど、七面鳥は食べるのが目的?そんな倫理はないはずなのですが。

偏ったESGにならないように気をつけなければ、と反省させられるレポートでした。
バイタル・ファームズは、かつては金儲けのことばかり考えていてステークホルダーのことなんて気にしていなかったという強烈な反省からマット・オヘア会長が創業したパブリック・ベネフィット・コーポレーション(公益目的をも採択した営利法人)。

2020年に上場する際、目論見書S-1に『PBCとして、様々な利益のバランスを取る義務があるため、株主価値の最大化につながらない行動をとる可能性があります』と堂々と唱い投資家からの支持を得たものの、その後は冴えない株価になっています。

訴訟内容に関する実態はわかりませんが、伝統的な大企業に完全に清らかな存在なんてないわけで、もっと寛容でいいのでは?とも感じます。

訴訟大国アメリカだけに「ウォッシュ問題」は怖いですね。