新着Pick
217Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
カーボンリサイクル・コンクリートは、一般的なコンクリートと同様な施工を可能とすることが目指されており、あらゆる場所に適用可能性があることから、社会的なニーズも相まって注目度の高い技術です。

カーボンリサイクル・コンクリート製造開発のため、複数のプロジェクトが走っていますが、通常コンクリのものより高価であるというコストの課題が共通して存在します。技術の低コスト化を徹底し、量産を前提とすることで、既存製品と同等のコストにまで引き下げることを目指す方向で動く傍ら、補助金を期待する向きもあります。
現在のところ実装された事例は僅かな段階であるため、今後の広範な社会実装と普及に向けた動きが気になるところです。
CO2という分子構造を破壊せずに固定できるコンクリートへの固定技術は、エネルギーや、コストの面で有利でしょうね。

勿論、松沢さんが書かれているように、現状ではコストの課題はありますが、他の固定技術の実現性や、必要とするエネルギーと比較すると、ダントツの優位性があると感じています。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
安田瑛紀さんのコメントを期待してます
大成建設株式会社(たいせいけんせつ、英語: TAISEI CORPORATION)は、日本の大手総合建設会社である。 ウィキペディア
時価総額
8,286 億円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン