新着Pick
120Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
首相は内閣不信任提出時の解散を否定しませんでした。虚々実々の駆け引きです。毎回のように提出され否決が確実な内閣不信任案をめぐってにらみ合う必要があるのかどうか。違和感もあります。投票所よりワクチン接種の会場が必要な時。役所の負担も大変です。
そもそも、与党が勝つには五輪の成功が必須であり、常識的には解散はないと思われます。ただ、政局はチキンゲーム。バカヤロー解散、ハプニング解散、死んだふり解散と偶然が事態を動かすこともあります。可能性はゼロではありません。
人気 Picker
不信任案と解散の扱いは、牽制の意味もある発言です。一方で、野党が総選挙で戦える状態かどうか。先週の党首討論で立憲民主の枝野代表からは、気概が感じられませんでした。

五輪について菅総理は、サミットで開催支持をとりつけました。今週は観客や感染対策の具体論に向くと思われます。会見では、観客については判断するタイミングでの国内基準によるとのことでした。福岡ソフトバンクホークスは、緊急事態宣言期間中は独自の判断で本拠地での無観客試合を貫いています。オーナー孫さんの意向が反映されたものと思います。
国政選挙が、将来の日本のあり方を問い、建設的な互いの主張をぶつけ合うものであれば意味があるが、単なる足の引っ張り合いであったり、個別政策の是非を問うようなものであれば、金と時間の無駄遣いだと思う。

国会議員たるもの、雑誌のスキャンダル記事に目を凝らすのではなく、この国のあるべき姿をデザインすることに金と時間を費やして頂きたい。
コロナをいち早く制圧し、日本国内の新規患者を出さなく、
また五輪の成功裏に開催していく、
政権の使命はきわめて大きく、
この時には政治家個人の利益、与党の利益を捨てて、きちんと国務を取るべきです。
簡単に議会解散などをいうべきではありません。
立憲民主党など野党幹部のホンネは、
内閣及び自民党の支持率が低下している
菅首相のもとで総選挙をやりたい。

逆に云えば野党が不信人決議案を出したら、
粛々として否決するのが政府、
与党のコンセンサスです。
野党に利する(自民党が負ける)タイミングで
解散を打つ道理はありません。
内閣不信任案が提出されたとしても、衆院の過半数が可決には必要。今の野党の勢力を鑑みると到底不可能と考えるのが妥当。であるなら、このままワクチン展開を進めてオリンピックを無事に乗り切って国民が盛り上がったところで8月選挙というのが自然な判断。
個人的にはオリンピックを無難に乗り切るために、このまま緊急事態宣言が閉幕まで引っ張られることの方が経済的に懸念。
そろそろ解散をして信を問ってほしいと思いますが、オリンピックやワクチン接種なども絡むので流動出来です。
首相が解散のことをハッキリ言うわけがないので、その時が来るのを待つしかありません。
自民からしたら微妙なタイミングなので解散は選択しない気がする。一方で野党も別に勝てる訳じゃないから、この程度の脅しで悩むだろう。こんな駆け引きよりもきちんと政策論争してくれと。そうじゃないと解散されても選ぶところがない。
これが牽制になるのかわからないけど、いずれにせよ10月までには解散総選挙のスケジュール感の中で、不信任案出たら考えるって斬新だなぁ。総理大臣の自分の解散タイミングは考えがあるのか知りたいです。
【政治】まさか強行するオリンピックの期間中に衆院選を行うということはないだろうなぁ…。