[12日 ロイター] - テニスの全仏オープンは12日、パリで男子ダブルス決勝を行い、第6シードのニコラ・マユ、ピエールユーグ・エルベール(ともにフランス)組が優勝した。

マユ組はアレクサンドル・ブブリク、アンドレイ・ゴルベフ(ともにカザフスタン)組に4─6、7─6、6─4で逆転勝ち。2018年に次ぐ、同大会2回目の優勝を果たした。

マユ組にとっては四大大会5回目の優勝。2015年の全米オープン、16年のウィンブルドン選手権、19年の全豪オープンでも優勝した。