新着Pick
85Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
イノベーションの視点として、既存技術の組み合わせは1つの手段になりえますので、社長がインタビューで発言されているように、自社に閉じない開発の視点(オープン・イノベーション)は重要だと思います。その点で、興味深い多角化の方向性だと思います。

ただ、医療用途の製品は他業種から見ると魅力的に見えると思いますが、他業種では問題なく進めていけるプロセスが実は律速段階になっているなど、見えにくいところが多くあるため、この分野の開発の手法としては技術ありきの「テクノロジー・プッシュ」ではなく、医療の課題から技術開発を行う「マーケット・プル」を重視する開発思想が求められるのではないでしょうか。

他技術の革新から、液晶プロジェクターについては、製品ライフサイクル上の衰退期にあたりますのでこれを深追いせず、液晶プロジェクターの経営資源を導入期~成長期にあたる他事業に野心的に投入することが望まれるのではないでしょうか。
よくある in vitro 培養用のプリント足場だけでなく、IPS 細胞や特定の機能細胞を混ぜたインクの in vivo プリント (= 麻酔中の患者に直接プリント)というアイデアはあるようなんですが、今のところ、生物学的理解はさておき、ただやってみただけ (もちろん動物で)、という段階のようですねぇ

一昨年コロナ前、うちの学科の製造分野の教員サーチの一環で、この分野の若い方々を数人インタビューさせて頂いたのですが、学科の生物工学系センセイ方からの強い反論があり、採用には至りませんでしたねぇ

ただやってみる、というのもリスクを含めこういう分野の研究にはアリかとも思うんですが (進めるにばモノスゴクお金が要りますが) 、そこがミシガン大の限界なのかなぁ、でもそこが(時々 big mouth だけの方々もいらっしゃる私立のS大、M大とは違う) ミシガンの持ち味だしねぇ、とも思ったりしましたよ

まあ、こういう in vivo bioprinting はまだTRL1-2なので、事業としては 4-5位のin vitro printing (特に腎肝などの比較的 homogenious な臓器) を*長期的*視野にお入れなさるのが良いかと (それでも血管系はタイヘンですが、仮に技術ができても認証が。。。)
「人工臓器」は唐突な感じがしますが、3Dプリンティングに展開するのか。センサーの話はプリンテッドエレクトロニクスですね。多方面に視野を広げていくということですかね。新市場開拓は破壊的イノベーション。それが本当にできるかどうか。期待したいです。
セイコーエプソン株式会社(Seiko Epson Corporation)は、長野県諏訪市に本社を置く情報関連機器、精密機器を手掛ける電機メーカーである(登記上の本店は東京都新宿区にある)。略称・ブランドは「エプソン(EPSON)」。 ウィキペディア
時価総額
7,497 億円

業績