新着Pick

日給3万「ワクチン仕事」に看護師が苦悶する理由

東洋経済オンライン
長引くコロナ感染拡大を現場で支える医療従事者たち。彼らを今、驚くべき「給与格差」が戸惑わせ、混乱を引き起こしている。フリーランスの看護師として働くAさん(40代)。昨年8月から全国の病院のコロナ病棟やク…
106Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
こんな不条理なことが現場では起きているのですね。政府もその場その場で考え得るベストな方策を模索しているのでしょうが、全体で整合性が取れていない(全体俯瞰できている人がいない)ということなのでしょうか。
厳戒態勢で患者と向き合っている医療従事者がきちんと報われるように願います。
きついコロナ病棟の仕事をする方が報酬が安くて、ワクチン接種という比較的楽な仕事の方がはるかに報酬が高い。

とてつもない矛盾をはらんだ報酬格差ですが、非常時にはこのような現象も起こるものなのでしょう。

早く平時に戻って、不公平感がなくなる日が来ることを願っています。
なんでこんな状況を作ってしまったのでしょうか。
日本はひごろの医療制度、緊急時の対応などきちんとできているはずですが、
中にはこのような状況も生まれているのでしょうか。
非常に緊急時に用意周到の日本とは思いませんね。
本来、同じ仕事なら有期雇用は無期雇用よりも単価高くなるのが市場原理。派遣だと中抜してるところもありますけど。

コロナ禍のもと、こういう形で現場回ってるといろんな状況見てしまうんだろうなあと思わされた。
うーん…大学などで行われる専門的、命に関わるような医療より検診バイトの方が割りがいいなんてことはざらなんですけどね。今回はコロナ関連ってだけ。

コロナに限らず日本の医療体制にメスを入れるべき、というのは同感ですが
日給3万は正しい。有期雇用は賃金が高いのが当然。アルバイトが正社員より時給が低いことが間違いだと思います。
安月給の国立、県立などがコロナの受け入れ先の中心。開業医はワクチン打つのすら、「単価が安い」と協力しない。ましてや病床退去なんかするわけもない。そういう構図を予測できるデータの一部。
医者は常勤の医局では安月給で、バイト感覚の産業医の数社で稼ぐというやり方が何十年も続いていますからね。

最近は「産業医は何もしていない」と言われるようになり、健康診断のダブルチェックをさせられていますが。