新着Pick
10Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
航空・運輸に限らず、様々な財・サービスでも需給がタイトな時は、契約をどうするかの思惑が混在する。
提供側からは、長期契約にすれば今後の損益の見通しがつくというメリットと、さらに価格が上がった時にその逸失利益との板挟み。調達側からは、価格が下がった時の損失や対他社で競争力が弱まることと、一方で確保できることの板挟み。
皆思惑があるから、価格もそれを反映して不安定になる。
コンテナの方も来年まで混乱が続くのではないかと予想されています.一方,路線の制約は航空輸送の方が大きいので,長期契約を結ぶのは運賃だけでなく運航可能性の面からも難しいのだろうと思います.