新着Pick
558Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
JERAは日本の発電事業者(電力会社)をリードする立場なので、石炭ー>アンモニア、LNGー>水素の転換は是非チャレンジして欲しい。

このアンモニアの技術、欧州などが大きく水素に大きく舵を切る中でのホワイトスポットで、Noxの処理含めて、技術で日本が優位に立てる可能性が高い。
また、依然として石炭火力が必要なアジア市場との親和性も高い。

ただ、過去半導体やソーラーで起こったように、「技術で勝ってビジネで負ける」事が多い日本なので、Noxを理由に規制で潰されないようにする政治的配慮は必要。
また「一人勝ち」は危険です。内燃機関(エンジン)からハイブリッドを飛び越してEVに動く欧米の自動車メーカーの動きがそれを証明しています。
日本の脱炭素をめぐり切り札として、にわかに「アンモニア」が登場しています。CO2排出ゼロのためにアンモニアを燃やすーー、突如登場したかのようなその新計画の実態に迫ります。
東工大、味の素、独立系VCのユニバーサルマテリアルズインキュベーターにより設立されたつばめBHBというスタートアップもすごくおもしろいです。

一般的にアンモニア生産は100年以上前に発明されたハーバー・ボッシュ法により生産されるそうです。同手法では高温かつ高圧の反応条件が必要であるため、高いエネルギー負荷がかかる大型プラントでの一極集中・大量生産により高額の設備投資が必要だそうです。さらにアンモニアを生産拠点から世界各地に輸送するために専用の運搬装置と保管設備が必要で物流コストもかかります。

それに対して、つばめBHBは低温・低圧の反応条件で小型のプラントでの生産を可能とする技術を開発しました。それによって必要な量のアンモニアを必要とされる場所で生産することが可能になるようです。

https://tsubame-bhb.co.jp/
どのエネルギー源にしても、その資源を確保できない日本は状況を激変させるのは難しそうですね。その点ではやはり太陽エネルギーに可能性を感じますが、電力会社に頼らずクラウドファンディングのように、個々に発電したものをブロックチェーンで売買できるようになれば、今とは違う答えが出てきそうです。そのシステムづくりで世界をリードする戦略もあるのではないでしょうか?
アンモニアの供給量を増やせるかが焦点になりそうですね。
それがないと結局スケールできないと思うので、技術開発に予算が回らなそう。
良記事。
なんでアンモニアと最近騒がれているのかよく分かりました。

>水素をそのまま輸送しようとすると、マイナス253度という絶対零度に近い温度にしなければならず、その技術はまだ成熟していません。

そのため、水素を運ぶ手段として水素と窒素と化合させてアンモニアを合成します。アンモニアはLNGとほぼ同等の取り扱いができ、水素より輸送のハードルが下がります。

輸入したアンモニアを再度、水素に分解するよりは、直接燃やしたほうがロスは少なく、低コストで環境に良い。ボイラー式の発電所であればアンモニアを上手に燃やせると踏んだので、まず直接燃やすことにしました。
話は水素の製造のボトルネックに戻ってきた
既存設備を活かしてのゼロエミッション。最先端の風を感じました。