新着Pick
3Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
日本勢としては、GMO Global fintech fundが投資しています。

インドネシアの中小企業に特化したフィンテック企業であるValar Venturesは、6,000万ドルのシリーズAを調達したことを発表しました。
このオーバースクライブされたラウンドは、インドネシアにおける初の投資となるValar VenturesとGoodwater Capitalが主導しました。ジャカルタを拠点とするスタートアップは、中小企業向けサービスに特化したスタートアップが調達したシリーズAラウンドとしては最大規模であるとしています。BukuWarung社は評価額を公表していませんが、情報筋によると2億2,500万ドルから2億5,000万ドルの間と推定されています。

他の参加者には、GoPayの元最高経営責任者であるアルディ・ハリョプラトモ氏、Klarnaの共同設立者であるヴィクター・ヤコブソン氏、ソフトバンクやTrihill Capitalのパートナーなど、復帰した支援者やエンジェル投資家が含まれている。

2019年に設立されたBukuWarungのターゲット市場は、協同組合・中小企業省のデータによると、インドネシアの6,000万を超える中小企業です。これらの企業は、同国の国内総生産の約61%に貢献し、労働力の97%を雇用しています。

BukuWarung社は、デジタル決済、在庫管理、一括取引、ShopifyのようなEコマースプラットフォーム「Tokoko」などのサービスを提供しており、これまでオフラインでのビジネスが中心だった加盟店のデジタル化を目指しています(同社の顧客の多くは、COVID-19の大流行時にオンライン注文を開始しています)。同社は、中小企業のための「オペレーティングシステム」を構築しており、現在、インドネシアの750都市、650万以上の加盟店が登録されており、そのほとんどが第2次および第3次の地域であるとしています。これまでに約14億ドルの年間決済を処理しており、2022年までに100億ドル以上の年間決済を処理する予定だという。