新着Pick
10Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
テスラは単純にカッコいい!
に加えて自ら充電インフラを整備し、航続距離を伸ばす。ピュア電気自動車が売れる仕掛けをやっています。

日本車にはユーザーが欲しがるピュア電気自動車はほぼないし、何より急速充電インフラが陳腐化しているから、怖くて遠出できません。財政難の折、充電器更新のカネを誰が出すのだろうか。
このステアリングホイールはさすがにナシ

加速性能も、スペシャルローンチモードで、非純正ハイグリップタイヤでないと実現できないでしょ
時速300キロって、それで何分間走れるの?って話

結局全然変わり映えしないんですよね

本来ならココで新バッテリー搭載したかったんでしょうけど

車載モニターは高性能nVidia製GPU搭載になり、
今のところは何の意味もなく、くだらないゲーム用途ですが、今後オートパイロット使用時に3D地図からの制御処理を担う可能性はありますね
ModelS PLAIDがデリバリー開始!発表当初PLAID+でないと1-96キロ加速が2秒以下にならないスペックだったけど、PLAIDで目標を達成できたのでPLAID+は廃止するというのは、とても合理的な判断だと思う。
日常、常に合法的スピード領域でのロケットのような加速を体験でき、充電中などは高精細の画面でNetflixやゲームができる約1400万円の、走るスマートフォンが、このモデルです。

(以下、記事中から引用)
停止状態から時速60マイル(約96キロメートル)に到達するまでの時間は1.99秒で、市販車として初めて2秒を下回ったとしている。
17インチの車載ディスプレーにはゲーム専用機並みの半導体を使い、高精細な画質で動画やゲームを楽しめるという。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
時価総額
70.7 兆円

業績