新着Pick
98Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
NVIDIAは、2019年イスラエルのMellanoxを67億ドルで買収して話題になった。

1つ1つ記事も重要なのであるが、1つの買収企業だけを見ていても、
その領域において「点」、いわゆる一側面しか見れない。

アマゾンなどもそうであるが、買収企業を整理すると、どういう戦略を取ろうとしているかがわかる。

「言うは易く行うは難し」なのだが、こういう買収企業ニュースは、
「点」での速報的な要素に加え、同社のどういう位置づけなのか。

まとめ記事は毎回は難しいと思うので、被買収企業のインタビューと合わせて、買収企業側の戦略的な方向性などがわかると非常にうれしい。
NVIDIAの自動運転強化の取り組みの一環。
DeepMapは、2017年の注目スタートアップとして取り上げられていた(①)。②が詳しく、地図と言っても3次元地図。そういえばこういう3次元地図のアップデートってどうやるんだろう…(木とか成長してくるし、風の影響もある)。

NVIDIAは、自動運転については、半導体はもちろんだがソフトをどんどんやっている。
半導体サイドでは4月のGTCでDRIVE Atlanというものを発表(③)。半導体の構造としてネットワークやストレージへのアクセスやそこに必要なマシンパワーを上げやすい構造に見える。ソフト含めた自動運転の取り組みは、④のNP編集部の記事が分かりやすい。自動車メーカー系以外の自動運転プレイヤーでは、経営体力含めて一番強いのではないかと思う…

https://newspicks.com/news/2421587
https://newspicks.com/news/4184767
https://newspicks.com/news/5763735
https://newspicks.com/news/5432839
ジオメトリー方式の自動運転には、『高精度マップ』が必須で、かつジオフェンス内でしか走れません。

一方、テスラの ビジョン方式は『高精度マップ不要』で、地域の制限無く走れます。

現時点でどちらに将来性があるかは、
ジオメトリー方式の会社が次々売り払われてしまった状況をみると判断できるかもしれません。